iPhone 12、発売は11月以降か

2020年に間に合わず、2021年にまで延期される可能性も

Jason leung OpD2dvDcJo8 unsplash iphone pro

新型コロナウイルスの影響で、今秋発売予定の新型iPhone(iPhone 12の発売時期が大幅に遅れるそうだ。iPad Pro(2020)やMacBook Air(2020)の発表日を正確に予測した実績を持つFRONT PAGE TECHのJon Prosser氏は「iPhone 12」が「大幅に遅れている」とし、11月まで発売されない可能性があると指摘している。

台湾メディアの経済日報も、「Phone 12は大幅に延期され、2021年にになる可能性がある」と報じている。

「iPhone 12」は予定通り発売される、とする報道も

一方Bloombergは、世界各地のサプライヤーが新型コロナウイルス感染症の影響を受けているにも関わらず、「iPhone 12」は予定通り今秋発売できる見通しと報じている。サプライチェーン関係者によると、Appleは中国の工場が閉鎖していた2月中に数台の試作機の開発に成功したそうだ。

Appleは新型iPhoneのデザイン発売1年前の11月から12月中に決定する。4月中には筐体の量産を開始し、5月には最終製造工程に移るという。

ただし別のサプライチェーン関係者によると、Appleのエンジニアチームが中国へ渡航できない場合、発売時期が遅れる可能性もあるという。Appleは今月9日、中国本土への渡航を禁止する期間を4月末まで延長したと報じられている。

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年03月26日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索