ソフトバンクオンラインショップ

”iPhone 12 mini”はノッチがわずかに小型化、120Hzは全モデル見送りか

バッテリー容量はiPhone 11シリーズよりも減ると予測

Kelly sikkema roJv dmHKVA unsplash

2020年の新型iPhone(iPhone 12)は、120Hzディスプレイを搭載しない。Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、搭載を見送る理由は電池持ち。「iPhone 12」シリーズは、iPhone 11と比べて電池容量は減るという。

iPhone 12」シリーズは5.4インチが1機種、6.1インチが2機種、6.7インチが1機種の合計4機種が発表される見通し。最もコンパクトな5.4インチモデルは、画面上部の切り欠き(ノッチ)の幅が少し狭まっていると伝えている。6.1インチと6.7インチモデルは変わらないそうだ。

Ming-Chi-Kuo氏によると、4機種すべてに2種類の5G対応モデルが用意されるという。一方はSub6限定モデル、もう一方はSub6およびミリ波の両方に対応したモデルだ。Sub6モデルが先行して出荷されると予測している。

Bloombergは、一部モデルの発売は11月以降になる可能性があると指摘している

新型iPad Air、電源ボタンにTouch IDを内蔵か

また日本時間9月16日2時から開催されるスペシャルイベント「Time Fliesでは「iPhone 12」は発表されず、新型Apple WatchおよびiPad Airが中心になるという。

Ming-Chi-Kuo氏によると、新型Apple Watchは、現行モデルとデザインは変わらないが、血中酸素飽和度モニタリング機能をサポート。新型iPad Airは、電源ボタンにTouch IDが内蔵されると予測している。

(Source: 9to5Mac

関連情報
更新日2020年09月15日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索