MFi認証取得済みのサードパーティ製「USB-C – Lightningケーブル」、2019年早々に登場か

Ipadpro 13 TP V usb c cable

AppleはMFi Programの登録者に対し、「USB-C – Lightning」ケーブルの製造を許可したことが明らかになった。

以前報じられていた情報によるとサードパーティ製「USB-C – Lightningケーブル」の発売は2019年中頃になると予想されていたが、今回報じられた動きから計算するとAppleのMFi認証を取得したサードパーティ製USB-Cケーブルは2019年の早い段階で登場する見通しとなっている。

メーカーは「C94コネクタ」を採用する必要がある

ChargerLABから提供された情報としてMacRumorsによると、サードパーティメーカーが「USB-C – Lightning」ケーブルを製造する場合は新しい「C94コネクタ」を採用する必要があるという。

この新コネクタは1台あたり2.88ドルで販売されていることが分かっていて、製造におおよそ6週間かかると見られている。

Mfi 2
【image via MacRumors

このことから、サードパーティ製「USB-C – Lightningケーブル」は早ければ1月半ばに完成し、2月または3月頃には販売開始される可能性がある。

Apple純正の「USB-C – Lightningケーブル」は1,800円で販売されている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索