「iPhone 11」は外・内向きカメラともに画素数が向上、引き続きLightningポートを搭載か

Iphone 11 2019 dual camera design 2

2019年の新型iPhoneはカメラが中心に移動しデュアルレンズが横並びになるというプロトタイプの情報を提供したCompareRajaによると、次期iPhoneに搭載されるカメラは外向きカメラ・内向きカメラともに画素数が向上すると伝えている!

外向き:1,200万画素 → 1,400万画素、内向き:700万→1,000万画素

iPhone XS」の場合、外向きカメラは1,200万画素の広角カメラと望遠カメラによるデュアルレンズ構成となっていて、内向きカメラは700万画素となっている。

今回の情報によると、トリプルレンズカメラを搭載する2019年のiPhoneは、3つのレンズのうち2つは1,400万画素と1,000万画素になるとのこと。3つ目のレンズに関する仕様は明らかになっていない。

次期モデルはすべての機種がトリプルレンズではなく、「iPhone XS Max」の後継モデルのみに限定されるという情報もある。

内向きカメラは700万画素から1,000万画素まで大幅に向上する見通し。画素数が上がれば”良い写真”になるとは限らないが、内向きカメラを利用する人が増えていることから内向きカメラに改良が加えられることは歓迎するべきことだ。

画面の切り欠き(ノッチ)が小型化されるという噂もあるが、記事公開時点ではそのことは確認できていないとのこと。

プロトタイプではUSB-CではなくLightningを採用

カメラの変更に伴い、内部仕様も大きく変わる見通し。L字型ではなく正方形に近い形状のバッテリーになると伝えられている。ロジックボードはバッテリーの横ではなく、上に配置されていることも明らかになっている。

一部では新型iPhoneはUSB-Cポート搭載するという噂もあり、「CES 2019」からのレポートでは「採用される可能性もでてきている」「タイプCベースのApple独自仕様になる」などと報じられているが、CompareRajaの情報元であるOnLeaks氏によるとプロトタイプにはLightningポートが搭載されているとのこと。

いつ時点のプロトタイプをもとに情報を提供しているのか分からないため、プロトタイプから計画が変わりUSB-Cになる可能性もあるが、現時点では確証の持てる情報はまだなく、周辺機器一斉買い替えの危機は免れたとは言い切れない。

あわせて読みたい