「iPhone SE2」は「iPhone X」に似たデザインで6月15日に動きか

Iphone se2 x like design

大手のケースメーカーからの情報として、「iPhone SE2」は「iPhone X」のようなディスプレイを採用することが確認できた、とBenjamin Geskin氏がツイートしている。

iPhone X」のようなディスプレイとは、ツイートに添えられた画像からベゼルレス・ディスプレイのことを指していると見られ、ホームボタンを廃止し「Face ID」を採用すると見られている。

広告代理店のものとされる怪しげなバス停広告の資料も

さらに、Geskin氏はフランスの広告代理店「JCDecaux(ジェーシードゥコー)」の資料紹介

3枚に渡って投稿されている画像によると、これらは「iPhone SE2」のバス停用広告のドラフトと見られ、2018年6月15日の日付が書かれている。「AirPowerマット」が無料で配布され、資料に書かれているiPhoneの本体上部にはiPhone X」と同じようにノッチがあるディスプレイが確認できる。

iPhone SE2のバス停広告

2018年6月15日という日付が具体的に何を意味しているのか不明だが、広告の掲載開始を意味しているとした場合、その日から予約の受付開始または発売する可能生はある。

15日は金曜日。その1週間前にはWWDCが終わっている。新端末の予約日や発売日としては可能性はゼロではない。

ただし、未発売の「AirPowerマット」が無料で提供されるという文言が引っかかる。新発売する製品に新発売する製品をセット売りするということは考えづらい。

あくまでも広告のドラフトであることを考えると、2018年6月15日に「iPhone SE2」に何かしらの動きがあり、「AirPowerマット」が同時に発売されることも考えられるかもしれないが、信憑性は低そうだ。

Bloombergは「WWDC 2018」では新型MacやiPadは披露されない見通しだと発表していた。