悲報:「WWDC 2018」では新型MacやiPadは披露されない見通し

William iven 5893 unsplash mac ipad wwdc2018

AppleはWWDC 2018」では新しいハードウェアを発表しない見通しだ。Macだけではなく、iPadも披露されないらしい。

Bloombergによると、Appleは「MacBook Pro」「MacBook」「MacBook Air」のアップグレードに着手しているものの、発表されるのは今年後半になるとのこと。また、「Face ID」を搭載した「iPad Pro」も開発しているが、日の目を見るのはまだ先になりそうだ。

WWDCで披露される可能性は低いものの、2018年に発表されるApple Watchは現行モデルよりも大きいエッジ・トゥ・エッジディスプレイを搭載すると伝えられている。これは以前、KGI証券のMing-Chi Kuo氏が伝えていた内容と一致している。

本体サイズは変わらないため、既存のバンドは引き続き使用できるとのこと。

iOS 12」には使いすぎ防止機能が用意される?

やはり「WWDC 2018」はソフトウェアが中心の発表内容になると見られているが、決定的に違うのは発表内容の方向性。

例年は革新的な機能を披露することが多かったが、Mark Gurman氏によるとiOS 12」は「デジタル・ヘルス」に関する機能が用意されているとのこと。「設定」アプリの中に追加され、iPhoneをどの程度使っているのかを可視化し、使いすぎを防止することを目的とした機能だという。

「スマホの使いすぎ問題」は近年、社会問題として無視できなくなりつつある。先日行われたGoogleの発表イベントで披露された次期OSでも同様に使いすぎ防止を目的とした機能が用意されていた。

「ARKit 2.0」の発表、iOSとより深く連携するmacOS

Appleは当日、AR関連機能を大々的にアピールすると予想され、「ARKit 2.0」を発表すると見られている。

最新バージョンではユーザー同士がARゲームをバーチャル空間の中でプレイする機能などが用意され、Appleが早ければ2020年に披露するARヘッドセットを見据えた発表内容になる見通し。

他には通知のスヌーズ機能、株価アプリの改良、ビデオ通話機能、アニ文字の送信などの新機能が用意されるとのこと。ホーム画面の見直しや「写真」アプリの改良、「ファイル」アプリの強化などは来年に延期されたそうだ。

iOSにばかり重きを置かれ、放置され気味に見えるMacだが、今年のmacOSはiOSとより深く連携することに重点を置いているとのこと。iOSアプリがMacで動作する機能についても当日言及する可能生があるようだ。

もっと読むWWDC 2018まとめ