iOS/macOS対応のユニバーサルアプリを開発できる機能、2018年ではなく2019年に発表か

AppleがiOS/macOS対応のユニバーサルアプリを開発できる機能を提供する機能を早ければ2018年に提供すると報じられていたのは2017年12月のこと。

これらは「WWDC 2018」で正式発表されると期待されていたが、Daring FireballのJohn Gruber氏が複数の一次ソースおよび二次ソースから入手した情報によると、「WWDC 2018で発表しないことはほぼ確実」と指摘。

そもそも2018年に発表する計画がなかったとし、2019年に発表される「iOS 13」および「macOS 10.15」とあわせて登場すると見られる。

Apple内部ではコードネーム「Marzipan」と呼ばれているという報道に関しても「かつてはそのように呼ばれていたかもしれない」としつつも、呼ばれていたのは極めて初期の段階であったと説明。現在は他の名称で知られているが、当然ながら公表されていない。

一部報道ではiPadアプリをMacで起動可能になると伝えられていたが、どちらかと言うとMacとiPadに対応したアプリが簡単に開発できる仕組み、となっている模様。

現状ではUIKit(iOS)およびAppKit(macOS)では異なるAPIがあるが、開発されているユニバーサルアプリ開発機能によって、両方に対して利用できるクロスプラットフォームUIフレームワークが提供されると見られる。