「WWDC 2018」の開催日程は6月4日〜8日になる可能性

WWDC 2017 Outside

Appleが毎年開催しているデベロッパー向けのカンファレンス「Worldwide Developers Conference」通称「WWDC」は6月に開催されるのが通例。

MacRumorsが信頼できる情報筋から入手した情報によると、Appleは今年の「WWDC 2018」をApple新本社の近くにある「McEnery Convention Center(サンノゼマッケンナリー会議センター)」で開催する可能性があると伝えている。

これは、昨年開催された「WWDC 2017」と同じ場所。2003年から2016年までは「Moscone Center」で開催されていた。

昨年と同じ「McEnery Convention Center」で開催か

開催場所が確認できたことにより、現時点で抑えられている日程を確認することができる。サンノゼマッケンナリー会議センターの空き予定を見ていると、6月11日の週から最終週まではすべて別の団体で予約済み。

WWDC2018 dates possibility

よって、WWDC 2018」は6月4日から8日まで開催され、次期OSや新製品や発表される基調講演は6月4日(日本時間6月5日深夜2時)に開催される可能性があると見ている。

Appleは「WWDC 2017」の開催日程を日本時間2月16日に正式発表しているが、例年は4月半ばに発表することが多い。

開催日程の正式発表はまだ先の話かもしれないが、iPadアプリをMacで起動可能になる新機能を搭載したmacOS、アニ文字がFaceTimeで利用可能になるiOS、そして新型MacやiPadなどが披露されるが期待される。