「iOS 12」ではアニ文字をFaceTimeで利用可能に、新型iPadも対応か

Appleは「iOS 12」の一部新機能を来年に延期したとされている。その一部がホーム画面の見直し、CarPlay関連機能、「メール」などの主要アプリの改良、写真の撮影・編集・共有機能など。

では、2018年に発表されるiOSバージョンではどのような新機能が用意されているのだろうか。Bloombergによると、「iOS 12」ではアニ文字がFaceTimeで利用可能になり、Siriがより深く統合され、「おやすみモード」の機能が改善されると伝えている!

アニ文字が「Face ID」対応の新型iPadでも利用可能に

「iOS 12」はApple内部でコードネーム「Peace」と呼ばれ、新しいアニ文字のキャラクターが追加される他、ナビゲーションが改善されるとのこと。

FaceTimeでも利用可能になるため、ビデオコールをしつつも自分自身の顔をアニ文字のキャラクターで代用することが可能になる。FaceTimeビデオコールに複数人通話機能も進められているが、年内にリリースされるかどうかは定かではない。

また、アニ文字はiPadでも利用可能になり、Appleは「Face ID」が利用できる新モデルを準備していると伝えている。Bloombergは昨年末から「Face ID」対応の新型「iPad Pro」が2018年9月に発表されると報じていた。

他にも「株価」アプリの改良「おやすみモード」に電話の拒否や通知を無音化する新機能の追加も「iOS 12」の新機能として開発が進められている。iPhoneの検索画面においてSiriをより深く統合し、iPadに写真を取り込む際のUIの改良なども次期バージョンに用意されるとのこと。

なお、iPad向けのメジャーアップデートは2019年にリリースされる「iOS 13」に延期されたと伝えられている。

あわせて読みたい