MacBook Airの新モデル、ディスプレイが大きくなったApple Watch、Face ID対応のiPad Pro、年内発表か

Lauren mancke 96705 unsplash iphone and ipad

Ming-Chi Kuo氏が、次期iPhoneのラインナップに含まれる6.1インチ型モデルに関する最新の情報と、2018年に発表される新製品の予想を発表している。

Ming-Chi Kuo氏の2018年新製品ラインアップ予想まとめ

6.1インチ型iPhoneは今年最も売れるiPhoneに?

6.5インチ型「iPhone X Plus」が最も売れるというサプライチェーン情報もあるが、Kuo氏は「iPhone X」のようなデザインを低価格で提供してくれることから、6.1インチモデルが最も売れると予想

ディスプレイは有機ELではなく液晶を採用し、ホームボタンを廃止。そのため、製造上の都合によって有機ELモデルと比較して量産の開始時期が遅れているものの、以前Kuo氏が指摘していた通り全モデル9月に発表され、発売も同月内になると予想している。

6.1インチモデルの価格は600〜700ドルになる見通し。これは「iPhone 8」の価格帯で「iPhone X」のようなデザインが提供されることになり、人気が出ることは容易に想像がつく。低価格を実現できる理由は液晶ディスプレイの採用、「3D Touch」の廃止、デュアルレンズカメラではなくシングルレンズカメラの採用などが挙げられる。

Kuo氏は以前、6.5インチ型「iPhone X Plus」は900〜1,000ドル、「iPhone X」の後継モデルは800〜900ドルになると予想していた。

2019年のiPhoneはメジャーアップデートモデルか

Appleは液晶ディスプレイを採用したiPhoneを2019年以降も発表するとのこと。2018年は有機ELモデルが2種類、液晶モデルが1種用意されているが、来年も3モデル展開になり、それぞれがアップデートされるのではないかと見られる。

2019年モデルは”目立った革新性”があると伝えているが、具体的なデザインや機能などについて分かるのは2018年9月または10月頃になるという。来年はメジャーアップデートが期待できそうだ。

MacBook Air」の安価モデル、ディスプレイが大型化した「Apple Watch」、「Face ID」に対応した「iPad Pro

Kuo氏は年内に発表される新製品として、「MacBook Air」の安価モデルディスプレイが現行モデルよりも大きくなった「Apple Watch」「Face ID」に対応した「iPad Pro」が登場すると指摘。

それぞれに関する具体的な情報は無いが、それぞれ以前から伝えられている情報であることから、実現可能性は高そうだ。

(via 9to5Mac

もっと読むiPad Proまとめ
もっと読むMacBook Airまとめ
関連記事