LG Innotek、次期iPhoneやiPad用の3Dセンサーを供給か

Appleは、次期iPhoneやiPad用3Dセンサーの供給量を確保するために、LG Innotekに8億209万円に相当する先行投資を行う計画があるThe Investorが報じている。

モバイルデバイス向け3Dセンサーやカメラモジュールを開発する工場の建設費用に充てられる、と伝えられている。

「Touch ID」を廃止し「Face ID」に切り替えた「iPhone X」にとって、3Dセンサーは極めて重要なパーツ。2018年の新型iPhoneは「iPhone X」の後継モデルに加え、「iPhone X Plus」や6.1インチ型の液晶モデルも登場すると噂され、全モデルが「Face ID」を採用することから、供給量の確保は極めて重要。

さらに、次期「iPad Pro」は「Face ID」を搭載したベゼルレスモデルになるとの噂もあり、昨年以上に関連部品の需要が高まると予想される。

昨年は発売直後から売り切れ続出だった「iPhone X」だが、今年は大丈夫なのだろうか。


(via MacRumors