「iOS 13」、iPadでアプリにタブ機能を提供かーー1つのアプリ内で複数ウィンドウが表示可能に

AppleがiOSの開発を2年スパンで進める方針に変更に伴い、iPad向けのメジャーアップデートは2019年にリリースされる「iOS 13」に延期された、とBloombergが報じている。


用意されている新機能に含まれているのは、1つのアプリ内で複数ウィンドウを表示可能にする新機能。これは「OS X Mavericks」から新たに実装された「Finderのタブ機能」に近いイメージとのこと。関連機能として、同一アプリ内で2つの画面を横並びで表示させることができる機能も準備されているそうだ。

他にも「Apple Pencil」の新機能や「メール」アプリで特定スレッドの新着メールの通知をミュートする機能などが「iOS 13」までに延期された模様。

これらの機能は2018年には間に合わないようだが、来年以降、iPadがまたMacに一歩近づくかもしれない。

Apple新学期を始めようキャンペーン