Apple、iOSの開発を2年スパンで進める方針に変更かーー性能と品質向上が目的

AppleはiOSの開発を2年スパンで進める方針に変更することを決定したとBloombergが報じている。Apple内のエンジニアは未完成の機能を翌年に持ち越すという選択をすることが可能になる。

これは Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Craig Federighi氏が先月、新方針として統括しているエンジニアに対して伝えたとのこと。この方針変更により、リリーススケジュールに追われることなく新機能の開発に時間をかけることができるようになり、細かいチューニングやブラッシュアップが可能になる。

「新機能」と「開発ペース」の難しいバランス

これまでAppleは毎年、多数の新機能を詰め込んだ新しいOSを6月に発表し、9月頃にリリースするというスケジュールで行っていたが、過去数ヶ月で多数の不具合や脆弱性が発覚。電卓アプリで「1+2+3」が「24」と表示される不具合はまだ可愛い方で、12月2日に世界中で勃発したiPhoneが突然再起動・クラッシュする不具合は多くのユーザーに影響を及ぼした。

また、「iOS 11」でも発表されたものの、リリースが大幅に遅れている機能も存在する。「Apple Pay Cash」は遅れて登場し、「Messages on iCloud」は「iOS 11.3」でようやく提供される見通し。

早いペースで大量の新機能を追加し続けることによって、Appleは多くのユーザーを最新のOSにアップデートし続けることに成功している。2018年1月18日時点において「iOS 10」または「iOS 11」がインストールされている割合は93%。

これに対し、Android OSでは過去2つの最新バージョンをインストールしている割合は30%。

1年ごとに新機能を詰め込まずに2年スパンで新機能を追加する方針変更によって、ユーザーはAppleのOSに魅力を感じなくなり離れてしまうのだろうか。Appleは今後、新機能と開発ペースの難しいバランスを追求しなければならない。

Apple新学期を始めようキャンペーン