Apple、今春リリース予定の「iOS 11.3」をプレビュー

Apple AR Experience 01232018

Appleは、今春にリリースを予定している「iOS 11.3」を発表した

次期アップデートでは新しいAR体験、アニ文字の追加、バッテリーとパフォーマンスに関する新機能、「ヘルスケア」アプリの新機能「ヘルスレコード」が特徴となっている。

iOS 11.3」の新機能まとめ

新しいAR体験:縦向き

「iOS 11」で提供が開始された「ARKit」により、iOSは世界最大のARプラットフォームになった。「iOS 11.3」では「ARKit 1.5」をデベロッパーに提供開始し、机や椅子のような平面だけではなく、壁やドアのような垂直向きの物体も認識可能に。丸いテーブルなど、特殊な形状を持つ物体も正常に認識可能になるとのこと。

また、サインやポスターなどの2D画像を認識することもできるので、飾ってある映画の宣伝ポスターにかざすとインタラクションが生まれる、と言った使い方も可能になる。

アニ文字を:新たに4種類追加

「iOS 11.3」では新しいアニ文字としてライオン、クマ、ドラゴン、ガイコツの4種類が追加される。合計16種類のアニ文字から選ぶことができるようになり、「メッセージ」アプリのやり取りが一段と楽しくなる。

また、「iOS 11.3」では企業向けのサービス「ビジネスチャット」がベータ版としてリリースされる。

バッテリーとパフォーマンス:状況が可視化できるように

ABC Newsが実施したインタビューの中で、Tim Cook氏は電池が劣化したiPhoneの性能を落とす機能をiOSのアップデートで無効化可能にすることを明らかにした。

そのアップデートが「iOS 11.3」。「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「iPhone SE」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」は「設定」アプリの中にある「バッテリー」に追加される。

同機能は早速「iOS 11.3 Beta」から追加される。

ヘルスケア:「ヘルスレコード」の追加

「ヘルスレコード」は、複数の医療機関から取得したアレルギー情報、処方薬などのデータを閲覧できる新機能。「ヘルスケア」アプリに追加さる。

もっと読むiOS 11まとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン