Apple、日本で「Apple Card」および「Apple Cash」の商標を登録

商標を登録したということは、日本でも「Apple Card」と「Apple Cash」がいつか利用できるようになるかもしれない

Apple Card And Apple Cash Japan

Appleは2019年7月16日に日本国内で「Apple Card」および「Apple Cash」の商標を登録したことが明らかになった。

Appleのクレカサービス「Apple Card」

Apple Card」は米国で今月中にサービス開始が予定されている、Appleのクレジットカードサービス。すでに欧州や香港でも同様に商標を出願していることが分かっているが、日本を含む他の地域でいつ頃サービスが提供されるかは分かっていない。


Appleの個人送金サービス「Apple Card」

一方、「Apple Cash」は、Appleの「メッセージ」アプリで利用できる個人送金機能

旧名称は「Apple Pay Cash」だったが、2019年3月に「Apple Card」の正式発表とともに「Apple Cash」に名称を変更している。

東京オリンピックまでには日本国内でも両サービスが利用可能になるかも?

どちらのサービスについても現時点では国内で提供されていないが、商標を登録したということは、近い将来、日本でも利用できるようになる可能性は十分にある。

何せ、来年は東京オリンピック。多数のバーコード決済サービスが乱立したり、開始数日で個人情報をだだ漏れして即廃止されたり、内輪で盛り上がっている中、Appleの決済サービスがすべてをかっさらっていきそうだ。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索