Appleのクレジットカード「Apple Card」の実物写真が初公開

Apple Card IN Real life

Appleは一部従業員に対し、3月に発表したクレジットカード「Apple Card」を配布し始めているようだ。Ben Geskin氏がその写真を入手し、公開している。

名前の部分は従業員の匿名性を保つためにBen Geskin氏の名前が記載されている。「Apple Card」本体およびパッケージの写真が公開されるのは恐らく世界初。

Appleがデザインしたチタン製のクレカは究極のシンプル

パッケージは暖色のグラデーションが描かれた厚紙がポケット付きでデザインされ、その中にカード本体が収まるデザインとなっている。

ポケットの手前にはセットアップ手順が2行で記載。「Activate Your Card」「Wake iPhone and hold here.」と書かれ、「Apple Pay」で「Suica」を読み込む時と同じ手順が案内されている。

発表されていた通り、カード本体は名前以外の個人情報は一切記載されていない。表側は左上にAppleのロゴ、右下にはICチップ、左側にはユーザーの名前のみ。

裏側は、左上に「Goldman Sachs」、右上に「Mastercard」のロゴが描かれているのみ。下部には磁気ストライプが用意されているが、総じて究極的にシンプルな仕上がりだ。

カードはチタン製。見ての通り、カード本体にはカード番号は記載されていないが、連動するiPhoneの中から確認することができる。

「Apple Card」は米国にて今夏からサービス提供開始される予定。物理カードの美しさに注目してしまうが、あくまでも補助的な役割を果たすために用意され、本来はデジタルクレジットカードとしてのサービスがメイン

買い物によってキャッシュバックが受けられる「Daily Cash」では最大3%の還元率となっているものの、物理カードでは1%となっている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索