Appleクレカ「Apple Card」、米国内でサービスを正式にローンチ

今月初旬に一部ユーザーを対象にサービスが提供開始され、本日をもってすべてのユーザーが利用可能に

Apple Card available today card on iPhoneXs screen 082019

Appleは現地時間8月20日、クレジットカードサービス「Apple Card」を米国でサービス開始することを発表した。

8月6日時点では事前通知に登録した一部のユーザーを対象にプレビューのような位置付けで提供開始されていたが、本日をもって米国内のすべてのユーザーが利用可能になる。

iOS 12.4」の「Wallet」アプリから登録することができ、リアルタイムで審査の合否が通知される。Appleによると、審査にかかる時間は1分以内だという。

UberおよびUberEatsもDaily Cashの3%還元対象に

「Apple Card」にはリワードプログラム「Daily Cash」が用意され、「Apple Card」を「Apple Pay」で利用すると2%、Apple StoreApple公式サイト、iTunes Storeやその他Apple関連サービスの購入用に使用した場合は3%の還元がされる。

「Apple Card」の正式ローンチに合わせて、Appleだけではなく、「Uber」および「UberEats」において「Apple Pay」経由で「Apple Card」を決済で利用した場合、3%の還元が受けられる

還元対象サービスは今後も増やしていくとのこと。

なお、チタン製の物理カードで決済した場合、還元率は1%となっている。

Apple Card available today Apple Card 082019

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索