AppleのARメガネ、コードネームは「T288」、「rOS」が動作し、2020年に発表か

Dahan remy 43924 glasses unsplash

Appleは、AR機能を搭載したメガネ型ウェアラブルデバイスを2020年に発表する計画を進めている、とBloombergが報じている。

このデバイスのコードネームは「T288」。ディスプレイと独自のOSを搭載し、そのOSは「rOS」と呼ばれているとのこと。iOSをベースに開発され、軽さが特徴。「r」は「リアリティ」の頭文字を取ったものだという。

アプリも開発中、専用のApp Storeも用意される見通し

ARメガネを開発しているチームは数年前に結成。最初の成果物は「iOS 11」に含まれていた「ARKit」。

Appleは、ARメガネの具体的な操作方法を決めていないが、タッチパネルやSiriを利用した音声操作、ヘッドジェスチャーを検討しているとのこと。マッピングアプリからテキストアプリ、バーチャルミーティングルームや360度動画など、幅広いアプリが開発されている。

もちろん、Appleのデバイスと言えば、App Store。rOSも例外ではなく、iPhoneやMac、Apple TVと同様に専用のApp Storeも準備されているとのこと。

現状、実際に動作するARヘッドセットの用意がないことから、HTC製のVRヘッドセット「HTC VIVE」で試しているとのこと。

同時に、iPhoneの画面やカメラ、チップを使用して動作する「Oculus Gear」のようなヘッドセットも開発しているとのことだが、これはあくまでも来年、社内でARアプリをテストするために使用することが目的だという。

AppleのCEO、Tim Cook氏は10月に、The Independentとのインタビューの中で、AppleのARメガネについて聞かれると、「満足度の高いクオリティを実現するために必要とされるテクノロジーが今の世の中には存在しない」と答えていた。

(via AppleInsider

あわせて読みたい