「iOS 13」にARヘッドセットに関する記述が発見、開発は継続中か

「StarBoard」モードが用意され、コードネーム「Garta」を持つARデバイスが存在している模様

Joshua coleman kFRKvJQtNHg unsplash Apple AR Glasses

AppleがARメガネを開発していることは長らく噂されていたが、最近になりAR/VRヘッドセットの開発を中止した伝えられていた。

ところが、MacRumorsによると、iOS 13」の内部向けビルドからARヘッドセットに関する様々な情報が発見され、開発は継続されている可能性が浮上した。

Appleは2020年までにARメガネを発表するとの噂

具体的には、「iOS 13」の内部向けビルドからは「STARTester」アプリが発見された模様。ヘッドマウントモードの有効・無効を切り替えることができ、ARヘッドセットの検証などに使われるのではないかと見られている。また、テスト用に「着用」と「手持ち」を含むステータスが用意されていることも確認されているという。

他にもARヘッドセットを示唆する情報としてREADMEファイルも発見され、中にはステレオARアプリ用の「StarBoard」システムシェルが発見されている。また、「Garta」というコードネームを持つARデバイスが開発されていることを示唆する情報も見つかったそうだ。

他にも「StarBoardモード」、複数の「ビュー」や「シーン」に関するストリングも見つかり、それぞれ「ARStarBoardViewController」や「ARStarBoardSceneManager」など、明らかにARに関する役割を果たすことが予想できるストリング名が付けられているとのこと。

AppleはARメガネを2020年までに発表すると見られ、すでにMing-Chi Kuo氏、Bloomberg、CNETが同様の予想を発表している。Bloombergによると、AppleのARデバイスはコードネーム「T288」が付けられ、iOSをベースに開発されている「rOS」が動作し、専用のApp Storeも用意される見通しとなっている。

ストーリータイムライン
タグ#AR
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索