Apple、すぐに改定後の価格でiPhoneのバッテリー交換対応へ

電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に低下させていることに対して謝罪したAppleは、バッテリーの交換が必要な「iPhone 6」以降のiPhoneを対象として、通常8,800円掛かる電池交換費用を3,200円まで値下げすることを発表した。

当初は1月半ばから交換に応じる方針だったが、その後、声明文が改定され、対象のiPhoneであればすぐにでも交換に応じることが明らかになった。

一部モデルのバッテリーは在庫がない可能性

ここで当初発表された声明文と現在記載されている声明文の違いを紹介しておく。まずは、当初発表されていた文面がこちら:

Apple is reducing the price of an out-of-warranty iPhone battery replacement by $50 — from $79 to $29 — for anyone with an iPhone 6 or later whose battery needs to be replaced, starting in late January and available worldwide through December 2018. Details will be provided soon on apple.com.

続いて、更新された文面は下記の通り。赤文字に装飾した箇所が変更された部分だ。

Apple is reducing the price of an out-of-warranty iPhone battery replacement by $50 — from $79 to $29 — for anyone with an iPhone 6 or later whose battery needs to be replaced, available worldwide through December 2018. Details will be provided soon on apple.com.

遅れて発表された日本語の声明文では、2018年12月まで対応を継続する旨が書かれ、開始に関する記述が省略されている。

この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

また、iMoreのRene Ritchie氏はAppleの公式コメントとして、「当初は準備にもう少し時間が必要だと予想していたが、今すぐに交換することもできます。一部交換用バッテリーの在庫が不足している可能性はあります」と受け取ったことを明らかにしている。

このことから、交換用電池の在庫が潤沢になるとAppleが予想していた1月半ばまで待っても良いが、今すぐに交換したい、という人はすぐにでも最寄りのApple直営店で対応してもらっても良いかもしれない。

あわせて読みたい