Apple、期間中に有償でiPhoneのバッテリー交換を行ったユーザーに対する返金を発表

Appleは、2017年1月1日から2017年12月28日までの期間中、「iPhone 6」以降の保証対象外バッテリー交換を有償で行ったユーザーに対し、5,600円分の返金を行うことを発表した。

この対象となっているのは、Apple Store直営店、Appleリペアセンター、Apple正規サービスプロバイダのいずれかで行われたバッテリー交換に限定される。Apple正規修理拠点以外で修理を行った場合は返金を受けることはできない。

銀行振込またはクレジットカードへの払い戻しで返金

5,600円分の返金は、銀行振込、またはバッテリー交換サービスの料金支払いに使用されたクレジットカードへの払い戻しのいずれかで行われるとのこと。

対象ユーザーに対し、Appleは2018年5月23日から2018年7月27日までの期間中に返金が受け取れることを知らせるメールを送信する。メールにはクレジットの受取方法も記載されている。

自分自身が対象であるのにも関わらず、メールが2018年8月1日まで送られてこない場合は2018年12月31日までにAppleまでお問い合わせするよう案内されている。問い合わせに走る前に、一度迷惑メールフォルダに誤って分類されていないかも確認した方が良いだろう。

なお、保証対象となっているiPhoneのバッテリー交換は対象外。2017年12月28日に執行された「iPhone 6」以上のiPhoneであれば一律3,200円で減額されたiPhoneの保証対象外バッテリー交換料金も、当然ながら対象に含まれない。

あわせて読みたい