iPhoneのバッテリーの最大容量を確認する方法

Iphone battery charge maximum 01

iOS 11.3」からはiPhoneに搭載されているバッテリーの状態を管理できる機能「バッテリーの状態」が追加されている。

以前のバージョンから「バッテリー」項目は存在し、「バッテリーの使用状況」として24時間以内における各アプリによる電池の使用率を可視化する機能は用意されていたが、iPhoneのバッテリーそのものの最大容量を確認する方法は今まで無かった。

本記事ではその調べ方を紹介する!

iPhoneのバッテリーは使っているうちに最大容量が減る

iPhoneのバッテリーは永遠に公称値である駆動時間を実現できるわけではない。経年劣化で使用時間が短くなってしまうのは、どこにでもある乾電池と同じ。充電できるとは言え、繰り返し使っているとヘタってきてしまう。

最大容量が、新品状態で100%だとした場合、数年使用しているとこれが90%、80%と落ちていってしまう。この記事ではそのパーセンテージを確認する方法を解説する。

「設定」アプリを開き、「バッテリー」をタップする。「iOS 11.3」にアップデートしていれば、中に「バッテリーの状態(ベータ)」という項目が追加されているので、それをタップ。

開くと「最大容量」という項目が用意され、そこに表示されているパーセンテージが現在使用しているiPhoneのバッテリーの最大容量となる。僕の「iPhone X」は100%となっていて、新品時と同様の電池容量が残っているようだ。
Iphone battery charge max settings 03 2

Appleによると、「通常のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを500回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大80%を維持するよう設計」されているそうだ。

ちなみに「ピークパフォーマンス性能」とは、端末が必要とする際にピーク電力をバッテリーが供給できるか否かを示す項目。

正常の状態は上記のように「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」と表示されるが、最大電池残量が減っているとピーク電力が供給できず、突然シャットダウンする場合がある。

従来はそのような突然のシャットダウンを防ぐために、強制的にパフォーマンスを犠牲にして必要とされる電力を供給する仕組みになっていたが、「iOS 11.3」からはパフォーマンスを犠牲にしないようにすることが可能になった。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

なお、iPhoneの電池が限界に近づいているが何としても電池を持たせなければならない、という人は「低電力モード」を活用するのも手かもしれない。