iPhoneのバッテリーの最大容量を確認する方法

iPhoneの電池は使っているうちに劣化してしまう、劣化状況を確認する機能が用意されている

Iphone battery charge maximum 01

iPhoneはiOS 11.3で、バッテリーの状態を管理できる機能「バッテリーの状態」が追加された。「バッテリーの使用状況」として24時間以内における各アプリによる電池の使用率を可視化する機能に加え、iPhoneに内蔵されたバッテリーの最大容量が確認できる。

本記事では、iPhoneのバッテリーの最大容量を確認する方法を確認する方法を解説する!

iPhoneバッテリーの「最大容量」とは?

iPhoneのバッテリーは永遠に公称値である駆動時間を実現できるわけではない。経年劣化で使用時間が短くなってしまうのは、どこにでもある乾電池と同じ。充電できるとは言え、繰り返し使っているとヘタってきてしまう。

最大容量が、新品状態で100%だとした場合、数年使用しているとこれが90%、80%と落ちていってしまう。

最大容量を確認する方法

設定アプリの「バッテリー」をタップする。iOS 11.3以降は「バッテリーの状態」がある。

タップすると「最大容量」がパーセンテージ表示されている。そのパーセンテージが、現在使用しているiPhoneのバッテリーの最大容量となる。僕のiPhone Xは100%となっていて、新品時と同様の電池容量が残っているようだ。
Iphone battery charge max settings 03 2

バッテリーの最大容量に関するQ&A

iPhoneのバッテリーはどれぐらい持つの?

Appleによると、「通常のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを500回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大80%を維持するよう設計」されている。

iPhoneのバッテリーはいつ頃が”限界”?

Appleは、バッテリーの最大容量が80%以下で交換対象としている。

ピークパフォーマンス性能とは?

「ピークパフォーマンス性能」とは、端末が必要とする際にピーク電力をバッテリーが供給できるか否かを示す項目。

正常の状態は上記のように「お使いのバッテリーは、現在、標準のピークパフォーマンスに対応しています」と表示されるが、最大電池残量が減っているとピーク電力が供給できず、突然シャットダウンする場合がある。

従来はそのような突然のシャットダウンを防ぐために、強制的にパフォーマンスを犠牲にして必要とされる電力を供給する仕組みになっていたが、iOS 11.3からはパフォーマンスを犠牲にしないようにすることが可能になった。詳しくはこちらの記事を参考にしてもらいたい。

電池もちを1分でも長持ちさせたいときの対策

iPhoneの電池が限界に近づいていて何としても電池を持たせなければならない、という人は「低電力モード」や「超低電力モード」を活用してもらいたい。

公開情報
更新日2021年08月08日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneの使い方・設定」新着記事
トレンド検索