iPhone「低電力モード」の使い方:バッテリー持ちを長くする

とにかく電池持ちを1分でも長くしたい時に役立つ、iPhone純正の電池節約機能

IOS9 Power Save Mode

iPhoneの電池残量がギリギリのときに活躍する機能が、バッテリー消費を大幅に抑えてくれる「低電力モード」だ。

低電力モードとは、iPhoneが充電できるまで消費電力が一時的に抑えられる機能。メールの取得、Hey Siri、アプリのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、一部ビジュアルエフェクトが削除またはオフになる。CPUのパフォーマンスは約6割程度に抑えられるため通常より動作はもたつくが、必要最低限の機能を残したまま電池切れを防げる。

本記事では低電力モードのオン・オフを切り替える方法を解説する。

低電力モードを有効化・無効化する方法

低電力モードを有効化・無効化するには以下の方法がある。

20%以下の電池残量で表示される警告から有効化

iPhoneは、電池残量が20%以下になると画面右上のバッテリーアイコンが白/黒色から赤色に切り替え。「バッテリー残量が少なくなっています」と書かれた警告が表示される。警告には低電力モードの選択肢が用意されており、タップするとすぐに有効化される。

低電力モードの場合、バッテリーアイコンは黄色に変わる

設定アプリ内の「バッテリー」から有効化・無効化

電池残量が20%以下になるのを待たずに、手動で低電力モードを有効化できる。設定アプリを開き、「バッテリー」をタップ。「低電力モード」のトグルをタップし有効化できる。

コントロールセンターに追加し、素早く有効化

低電力モードを頻繁に使う人は、予めコントロールセンターから追加しておくと便利だ。

設定アプリの「コントロールセンター」をタップ。「コントロールを追加」から「低電力モード」を追加する。

追加すると「含める」の一覧に表示。コントロールセンターを開くと操作項目の一覧に登録されていることが確認できる。

低電力モードよりも電池消費を節約するなら”超低電力モード”

災害時や停電時など、1分でも長く電池を保ちたい人はiPhoneの電池持ちを最大限伸ばす設定をまとめた「超低電力モード」のショートカットをインストールしてもらいたい。低電力モードの有効化に加え、Wi-FiやBluetoothをオフ、画面の明るさを0%、ダークモードとおやすみモードが有効化される。

導入および設定の手順は以下の記事を参考にしてもらいたい。

公開情報
更新日2021年08月08日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. はん。(コメントID:575370)

    コントロールセンターに追加するとワンタップで低電力モードの切り替えが出来るので頻繁に使う人はそちらの方が便利かも。

  2. ないふ(コメントID:575346)

    ここには書いていませんが、コントロールセンターに追加することもできますよ!

「iPhoneの使い方・設定」新着記事
トレンド検索