MacBookを無線ルーターに!「インターネット共有」の使い方

macbook
【img via connections 2 / blakespot

Mac大好き!g.O.R.i (@planetofgori)です!

プロフィールにも書いているが、僕の部屋には24インチのディスプレイに繋いでいる2.4GHz MacBook Pro 15in.1.7GHz MacBook Air 13in.がある。MacBook Proは普段持ち運ぶことはまず無いので、有線に繋いで「インターネット共有」をしてMacBook Airを繋げている。これを使えば自宅に無線ルーターが無くてもiPhoneやiPadを自由にWi-Fi接続できるのだが、意外と知らない人が多いようなのでやり方を紹介する。

「システム環境設定」の中にある「共有」から設定しよう!

インターネット共有はこういう人にオススメ:

  • iPhoneやiPad、その他スマートフォンを無線に繋ぎたい
  • 有線ケーブルを挿せるMacが手元にある
  • Macを部屋の中で持ち運ぶことはあまりない
  • 無線ルーターをまだ買っていない

では、早速設定してみよう!

System Preferences(システム環境設定)」を開いて「Sharing(共有)」を開く。
インターネット共有

Internet Sharing(インターネット共有)」を選択する(まだチェックボックスはチェックしない)と以下のような画面が表示されるのでプルダウンの中が「Ethernet」、その下の選択欄が「AirPort」になっていることを確認する。そして、右下にある「AirPort Options」をクリック。
インターネット共有

ここではWEPキーを設定する。要は誰でも無線を使えるようにするのを防ぐためのパスワードである。プルダウンで40-bit WEPキーと128-bit WEPキーが選べると思うのだが、セキュリティ上128-bitを選び英数字13文字のパスワードを設定しよう。
無線共有

上の画面の設定が完了したら「Internet Sharing(インターネット共有)」の左にあるチェックボックスをクリック。下記のような確認画面が表示されるので「Start」を押せばインターネット共有開始!!
インターネット共有

以上!!インターネット共有が無事開始されると普段見慣れている無線マークが上向きの矢印に変わっているはず。特に一人暮らしをしている人で冒頭に書いたような人は少なくないと思うので、無線ルーターを買うぐらいだったら試してみるべし。僕は全く不自由なく使えているよ!

Apple新学期を始めようキャンペーン