M1 MacBook Proで外部ディスプレイが出力失敗するときに試している6つの対処法

3回に1回は失敗する外部ディスプレイがスリープから復帰しない問題、最終手段である再起動の前に試すべきこと

Display is not showing up on m1 mac 01

M1 MacBook Proの満足度は高い。高パフォーマンス、長時間バッテリー、軽量、コンパクト。しかし不満が全くないわけではない。

特に困っているのが、外部ディスプレイ出力の不安定さ。3回に1回は失敗し、成功したとしても復帰に時間がかかる。本記事では、M1 Macで外部ディスプレイが出力失敗するときに試している6つの手順を解説する。

M1 Macから外部ディスプレイに出力できない場合に試すべき6つの対処法

ケーブルを変更する

外部ディスプレイの出力が常に安定しないのであれば、使用しているケーブルを見直したほうが良い。僕は黒いケーブルに統一したいのが本音だが、安定性を重視するためディスプレイに同梱されていたThunderbolt 3ケーブルを使用している。

ディスプレイの電源を落とす

ディスプレイの電源を切り、再度電源を入れることで正しく出力される場合がある。

ディスプレイのケーブルを一度抜き挿し直す

MacBook Proと接続しているケーブルを一度本体から切断し、再度接続する。ディスプレイの電源をオフにした状態で接続し、電源をオンにすると復活する場合がある。

ディスプレイのコンセントをオン・オフ切り替える

ディスプレイのオン・オフで効果が見られない場合は、ディスプレイのコンテントをオン・オフ切り替えている。ディスプレイにとって良い対応とは思えないが、作業中のファイルが消えてしまうことを避けるために、やむを得ず実行している。オン・オフの切り替えは、Meross WIFIスマートプラグを使用している。

接続しているポートを変える

一度だけ、ポートを変えたことで正しく出力されるようになったが、偶然だったかもしれない。同じ手法で復活したことはない。

Macを再起動する

上記の手順を行っても復活しない場合は、Macの再起動する他ない。再起動すれば、すんなりとすべてのディスプレイが復活する。

公開情報
更新日2021年08月23日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索