AppleシリコンMacでセーフモード(セーフブート)に入る方法

特定のアプリがMac全体に悪影響を及ぼしている可能性がある場合に利用する検証ツール

How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac

AppleシリコンMacは、Intel Macから起動プロセスの仕組みが大きく変更された。リカバリやメンテナンスなどで活躍していた、SMCリセットNVRAM/PRAMクリアなどのリセット方法は廃止。複雑なキーコンビネーションの代わりに、電源ボタン長押しで利用できる「起動オプション」に集約された。

本記事では、起動オプションの1つである「セーフモード」に入る方法を解説する。

セーフモードに入る方法

セーフモード(セーフブート)とは

セーフモードとは、Macの起動時に読み込まれるソフトウェアを検証するツール。特定のアプリがMac全体に悪影響を及ぼしている可能性がある場合に利用する。

セーフモードで起動すると、起動時にログイン項目、macOSで必須ではないシステム機能拡張、macOSでインストールされたものではないフォントなどは読み込まれない。また起動ディスクの基本的なチェックが実行され、フォントキャッシュやカーネルキャッシュなど、一部のシステムキャッシュが削除される。

以下にセーフモードに入る手順を解説する。

STEP 1:電源ボタンを長押し(起動オプションを表示)

Macの電源ボタンを10秒以上長押することで、AppleシリコンMacで起動オプションを表示する。
How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac 08

「Macintosh HD」と「オプション」が画面上に表示される。
How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac 01

STEP 2:Macintosh HDを選択する

マウスカーソルで「Macintosh HD」を1度クリックする。
How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac 03

STEP 3:Shiftキーを押して実行する

キーボードのShiftキーを長押しする。
How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac 02

押した状態で画面上に表示されている「Macintosh HD」を見ると、「続ける」と表示されていた箇所が「セーフモードで続ける」に切り替わっているはずだ。文字列をクリックするか、returnキーを押せばセーフモードに切り替わる。
How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac 04

シーケンスバーが表示されていたら、Shiftキーから指を離して問題ない。
How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac 05

STEP 4:ログインする(2回パスワードを求められる)

セーフモードに入るためには2度、ログインパスワードを求められる。画面右上に「セーフブート」と書かれていれば、セーフモードになっている。
How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac 06

How to Use Safe Boot Apple Silicon Mac 07

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2021年12月27日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索