反応しないアプリを強制終了、Macを強制的に再起動する方法

マウスやキーボードも反応しない場合、システム全体を強制終了する必要がある

Macでアプリや本体を強制終了する方法

Macで作業中、突然アプリがなぜか応答しなくなった経験は無いだろうか。他のアプリは問題なく使えるが、特定のアプリの上にマウスカーソルを合わせるとビーチボール(またの名を「虹色のクルクル」)が表示され、反応しない。

アプリケーションを終了すれば解決する場合もあるが、応答しない場合は強制終了、さらにはMac全体の再起動が必要になる場合がある。またアプリケーションがきっかけでMac全体が応答しなくなる場合もある。

本記事ではアプリが応答しない、またはMac全体がフリーズした時に強制終了する方法を紹介する。

アプリを強制終了する方法

強制終了の前に「アプリの終了」を試す

強制終了する前に、アプリの終了から試そう。キーボードショートカット「Command + Q」の実行、メニューバーのアプリ名から「○○(アプリ名)の終了」のクリック、アプリのDockアイコン右クリックから「終了」のいずれかで、起動中のアプリを終了できる。

Dockのアプリアイコンから強制終了

通常のアプリ終了が機能しない場合、強制終了を試す出番だ。

最も直感的なのは、「alt/option」キーを押しながらフリーズしてしまったアプリのDockアイコンを長押し。「強制終了」をクリックし実行する。

意外と最も手軽で簡単な方法なので、最低限これを覚えておくと役に立つ時が来るかもしれない。

メニューバーから強制終了

Menubar reset

メニューバーからアプリを強制終了することができる。

該当のアプリが表示された状態で「shift」キーを押しながらメニューバー左上にあるAppleロゴをクリック。「(アプリ名)を強制終了」という項目が表示される。

キーボードショートカットで強制終了

Macでアプリや本体を強制終了する方法

以下のキーボードショートカットで強制終了画面を表示し、該当するアプリケーションを選択。「強制終了」でアプリが終了する。Windowsで言うところの「CONTROL+ALT+DELETE」に値するキーボードショートカットだ。

command + option + esc

強制終了したいアプリケーションが一番手前にある状態であれば、以下のキーを同時に3秒間以上押し続けることで実行できる。

command + option + shift + esc

アクティビティモニタから強制終了

アクティビティモニタを使用しアプリを強制終了する方法もある。アプリケーションの一覧からアクティビティモニタを開き、該当するアプリケーションを選択した上で「×」ボタンをクリックする。一覧から探しづらい場合、右上の検索ボックスからアプリケーション名を入力すると絞り込みできる。
Macでアプリや本体を強制終了する方法

「強制終了」を選択する。
Macでアプリや本体を強制終了する方法

Macを強制終了する方法

アプリの動作不良が原因で、Macの動作が固まりキーボードやマウスが反応が反応せず、応答不能になる場合がある。

対象方法は以下のとおり。

電源ボタンを3秒間押し続けて強制終了

Macを強制終了する前に、本体の再起動やスリープを試そう。電源ボタンを3秒間押し続けると「再起動」「スリープ」「キャンセル」「システム終了」の選択肢が表示される。

System dialog

Macの調子が悪いのであれば、「再起動」または「システム終了」を試してもらいたい。

電源ボタンを5秒間押し続けて強制終了

上記画面が表示されない場合、強制終了が必要だ。電源ボタンを5秒間押し続けると実行される。ただしMacの終了方法としては好ましくないため、Macが完全に動かない場合に行うべきだ。

安定して動作するのがベスト!万が一の時の参考に

Macが応答しない場合は、上記方法を参考にしてもらいたい。Macを長く安定的に使い続けるためには、定期的にメンテナンスキャッシュのクリアの実行をおすすめする。

Macを使いこなすテクニックは「Macの使い方・設定まとめ」を参考にしてもらいたい。

公開情報
更新日2021年07月10日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索