Mission Controlで同じアプリケーションのウィンドウをまとめる方法

Mission Controlの使い勝手が劇的に改善する

How to stop clutter using mission control

Macで次々とフォルダを開いていると、気づいたら大量のFinderウィンドウにデスクトップが埋もれてしまう。Mission Controlで特定のフォルダに表示を切り替えようとするも、ウィンドウが多すぎて見つからない。そもそもどこのアプリケーションが画面上のどこににあるのか、見分ける方法がない。

同じアプリケーションの複数ウィンドウがありすぎて、Mission Controlが使い物にならない問題」を解決する方法を解説する。

「ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化

システム環境設定の「Mission Control」内の、「ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化」にチェックを入れる。この設定を有効化するだけで、Mission Controlの使い勝手が劇的に改善する。
Change the clutter of windows using mission control 02

グループ化設定を有効化する前の状態がこちら。大画面を使用しているはずが多くのウィンドウで埋まっており、どのアプリケーションがどこにあるのか分かりづらい。
Change the clutter of windows using mission control 03

グループ化設定を有効化すると、同じアプリケーションごとにウィンドウがまとまり、グループごとにアプリアイコンが表示される。
Change the clutter of windows using mission control 01

同じアプリケーションが複数ウィンドウある場合、グループ化され一箇所にまとまる。
Change the clutter of windows using mission control 01 2

目的のウィンドウを素早く選択するための操作方法

切り替えたいアプリケーションをMission Controlで選択できれば、同じアプリケーションのウィンドウを切り替える操作で目的のウィンドウに絞り込める

僕はMission Controlを「Control + 上矢印キー」、アプリケーションウィンドウを「Control + 下矢印キー」に設定している。2つのキーボードショートカットを連続して使うことで、表示したいウィンドウを素早く絞り込める。US配列のキーボードを使っている人はCaps LockをControlキーに変更すれば操作がしやすいだろう。
Application Window 01

公開情報
更新日2021年08月09日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索