14インチ/16インチMacBook Proを固定リフレッシュレートに指定する方法

ProMotionを無効化、60Hz、50Hz、48Hzなどを選択する方法

Changing Refresh Rates on MBP14 16

14インチまたは16インチのMacBook Pro(2021)は、内蔵ディスプレイが最大120Hzまでのリフレッシュレートに自動的に調整してくれるProMotionに対応する。しかしビデオ編集などのプロフェッショナルなワークフローでは、編集または表示するビデオのリフレッシュレートに合わせる必要がある。

本記事ではMacBook ProのProMotionを無効化し、予め用意された固定リフレッシュレートを指定する方法を解説する。

MacBook Proの内蔵ディスプレイを固定リフレッシュレートに指定する方法

STEP 1:システム環境設定の「ディスプレイ」を開く

Changing Refresh Rates on MBP14 16 03

STEP 2:リフレッシュレートを変更する

Changing Refresh Rates on MBP14 16 02

選択できるリフレッシュレートは、60Hz、59.94Hz、50Hz、48Hz、47.95Hzの5種類となっている。
Changing Refresh Rates on MBP14 16 01

なお僕は14インチMacBook Proの電池持ちのために、ProMotionは無効化。バッテリー駆動時は低電力モードにしている。

公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:619400)

    参考になります。
    フレームレート確認したことなかったですが、24とか23.975(23.976?)の場合はその倍の48や47.95を使うことになりそうですね。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索