MacBook Air/Proの画面スペースを最大化!Dockやメニューバーを自動的に非表示にする方法

限られた画面スペースを最大限活用するために便利な設定

Hide the Dock and Menu Bar

MacBook ProMacBook Airの内蔵ディスプレイは13.3インチ。最も細かい疑似解像度に設定しても1,680 x 1,050となっており、決して広くはない。限られた画面スペースをすべて活用するために、本記事ではMacのDockやメニューバーを非表示にする方法を解説する。

システム環境設定「Dockとメニューバー」より変更

画面上部にあるメニューバーと、画面下または左右のいずれかに配置されているDockを非表示にすれば、画面を隅から隅まで使用できる。

Dockを非表示にする方法

システム環境設定を開き、「Dockとメニューバー」をクリックする。左側にある「Dockとメニューバー」タブが選択されていることを確認した上で、「Dockを自動的に表示/非表示」にチェックを入れる。
How to hide Dock on Mac 01

メニューバーを非表示にする方法

Dockと同じ画面内で、「メニューバーを自動的に表示」にチェックを入れる。
How to hide menu bar on Mac 01

両方の設定が有効化されていれば、画面スペースをすべて活用できるはずだ。Dockとメニューバーは、マウスカーソルをかざせば出現する。

公開情報
更新日2021年08月12日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索