Samsung、「Galaxy S9」が「iPhone 6」より速いことをアピールする謎のCMを公開

Samsung Galaxy TVCM Move On

Samsung「Galaxy S9」が「iPhone 6」より速いことをアピールする謎のCMを公開した。

昨年末に大きな話題となったバッテリー問題をネタとして、4年前のiPhoneの動作が遅くなっていることを大袈裟に表現し、最終的に「Galaxy S9」に機種変更するという、ハッキリ言ってめちゃくちゃなストーリーだ。

動作が遅いせいで「Wallet」アプリがなかなか開かず、「Uber」のアプリが起動せずに他の人が呼んだタクシーに乗り込んでしまい、Apple Storeに立ち寄り「iPhoneが遅すぎる」と訴えるものの「パフォーマンス管理」を無効化すると動作は速くなるが突然のシャットダウンが発生する可能性について説明を受ける。

バッテリーを交換するという選択肢には触れられず、店員に「買い替えたら」というアドバイスを受けた結果、なぜか「Galaxy S9」に買い替え

え、そこで「Galaxy S9」?!確かに通りすがりの親子のノッチ・ヘアスタイル(「iPhone X」の切り欠きを揶揄した髪型)はダサさの極みだが、だからといって「Galaxy S9」を選ぶかい?!

いやあ、これはすごい、すごいぞ!強引すぎる!突然の「iPhone 6」から「Galaxy S9」への買い替えをキメるお姉さんの決断力は褒めたい!

このCMを見て「iPhone 6」から「Galaxy S9」に買い換えようと思う人がどれぐらいいるかは分からないが、この無理矢理感は面白すぎる!

以下どうぞご覧あれ!

(via 9to5Mac