「iPhone X」と「iPhone SE」、今秋に販売終了か

Iphone se and iphone x

2018年に登場する5.8インチモデル、6.5インチモデル、6.1インチモデルの新型iPhone3種類の発売を受けて、AppleはiPhone X」と「iPhone SE」を販売終了するとBlueFin Research Partnersのアナリストが予想している。

Apple、2018年のiPhoneは例年より需要が高いと予想か

Appleは過去数年にアップグレードする人が少ないことを理由に今年は多くの人が買い換えると予想し、2018年下半期において合計9,100万台の新型iPhoneを生産すると指摘している。2019年上半期もその生産台数は増え続け、9,200万台を生産すると予想している。

出荷台数ベースでは、2018年下半期は8,000万台、2019年上半期は9,500万台になる見通し。BlueFinによると、6.5インチ型iPhoneは「iPhone X」を小さすぎると感じたユーザーを惹きつけ、6.1インチ型iPhoneは低価格市場をまかなうと見られている。

iPhone X」が販売終了するという噂は今回が初めてではない。KGI証券のMing-Chi Kuo氏は今年1月に、2018年に登場する次期iPhoneモデルと入れ替わりで生産を終了すると予想していた。

気になるのは「iPhone SE」もあわせて販売終了するということ。あくまでも情報を伝えているアナリストの予想ではあるが、Appleが3年半以上もアップデートしていない「Mac mini」を残しているように、個人的には「iPhone SE」もしばらくは残すのではないかと思っている。

今年5月までは「iPhone SE2」が9月に発売されるなどという噂も多数報じられていたが、6月に「iPhone SE2」の計画は廃止されたと伝えられていた。

(via 9to5Mac

関連記事