「iPhone SE2」、9月に発表か

Iphone se2 rendering 4

Japan IT Weekに出展していた中国のケースメーカーや保護ガラスメーカーからの情報として、「iPhone SE2」または「iPhone SE (2018)」と呼ばれている「iPhone SE」の後継モデルは生産がまだ開始されておらず、iPhone X」および「iPhone X Plus」と同じ2018年第3四半期後半に発表される、とMacお宝鑑定団Blogが報じている。

このことから、例年通りであれば「iPhone SE2」は9月に発売開始されるということになる。

6インチ型も「iPhone SEの後継モデル」のデザイン候補

ここ最近はベゼルレス・デザインに関する情報も多数報じられ、gori.meからも独自の情報としてベゼルレス・デザインを持つ「iPhone SE」サイズの新型iPhoneの情報を入手。

デザインも決定かと思われていたが、Macお宝鑑定団Blogによると最終デザインは決まっていないとのこと。筐体サイズが「iPhone SE」と同じサイズのものも確かに候補としてある一方で、6インチモデルも「iPhone SEの後継モデル」の候補として存在していることが分かっている。

これらのうち、1種類が発売されることは有力視されているものの、詳細は現時点では不明だという。

ただし、とあるガラスメーカーからの情報によると、3種類のガラスが試作され、ホームボタンが廃止されて「Face ID」に対応するためのTrueDepthカメラを搭載するための切り欠きが用意されていることは共通しているとのこと。よって、ベゼルレス・デザインになることはほぼ間違いなさそうだ。

これまで「iPhone X」と「iPhone X Plus」と同時に発表される第3のiPhoneは、「6インチ型液晶モデル」と言われていたが、その筐体は4インチサイズになる可能性も浮上してきた。

6インチが4インチの筐体に入るかどうかは分からないが、これまで噂されてきた6インチ型液晶ディスプレイを搭載したiPhoneとは、「iPhone SE」サイズの新型iPhoneなのかもしれない。