Apple、非正規サービスでバッテリー交換したiPhoneでも有償修理を受け付ける方針に変更

Appleは2019年2月28日以降、非正規サービスでバッテリー交換したiPhoneでも有償修理を受け付ける方針に変更したとMacお宝鑑定団Blogが伝えている。

2017年3月には非正規のディスプレイ修理対応後のiPhoneでもAppleの保証適用範囲内にする変更を行っていた。

非正規修理業者に持ち込み修理をするメリットはない

従来はサードパーティ製(=非純正)のバッテリーを使用したiPhoneを修理に持ち込んだ場合、修理対応を受けることができなかった。

今後は、iPhoneはサードパーティ製のディスプレイまたはバッテリーを使用していた場合でもバッテリーに損傷および破損がなく安全であると判断された場合において、Appleの有償修理を受けることができるようになる。

ただし、受けられるのはあくまでも有償修理に限定される。Appleの保証延長サービス「AppleCare+」はApple純正の部品のみが対象となっているため、非純正品には適用されない。

また、今回制限が緩和されたのはバッテリーのみ。Macお宝鑑定団Blogによると、非純正メインロジックボード、Lightningコネクタ、ボタン類などの他社製部品などを使用していることが理由で修理が受けられない項目も存在するとのこと。

長くiPhoneを使うのであれば、非正規修理業者に持ち込み修理をするメリットはない。長く使うのであれば購入時に「AppleCare+」への加入が好ましい。製品購入後30日以内であれば加入することができるので、期限に余裕がある人は検討するべし。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索