iPhone、非正規のディスプレイ修理対応後でもAppleの保証適用範囲内に

かつてはサードパーティ製の非正規ディスプレイ修理サービスで割れたディスプレイなどを交換してもらった場合、その時点でAppleの保証適用対象から外れてしまう仕組みになっていた。

MacRumorsによると、今後、Appleは非正規のディスプレイ修理対応後でもディスプレイに関する内容でなければAppleの保証適用範囲内にする方針に変更したと伝えている。

トラブル対応は基本直営店か正規サービスプロバイダで

サードパーティによるディスプレイ修理が行われたiPhoneをApple直営店または正規サービスプロバイダに持ち込んだ場合、ディスプレイに関する内容ではなく、かつ、適用期間内であれば通常通りの保証サービスを受けることができるようになった。これまでは保証期間中だったとしても期間外と同等の扱いを受けていた。

ただし、これはあくまでもディスプレイに関する内容ではない、というところがポイント。ディスプレイに関する内容である場合、または、保証適用期間外である場合、ユーザーは通常の修理価格を支払わなければならない。拒否した場合、サービスそのものを受け付けてもらえなくなる。

サードパーティ製の部品が原因で対応希望箇所の修理が失敗、または、iPhoneの破損の原因であるとAppleが判断した場合、ユーザーは保証適用外の費用を支払わなければならない。これはサードパーティ製の一部品に留まることもあるが、iPhoneの本体価格になる可能性もあるという。

サードパーティ製サービスで交換されたディスプレイを純正のディスプレイと交換したい場合、ユーザーは保証適用外の価格を支払わなければならない。AppleはAppleCare+はサードパーティ製のディスプレイやバッテリーの交換には応じないとしている。

要は、サードパーティ製の非正規ディスプレイ修理サービスを受けた場合、保証期間内であればディスプレイ以外の修理は保証が適用され、ディスプレイの修理は適用されない。また、サードパーティに寄る修理内容が原因で他の修理も保証適用外になる可能性がある、ということだ。

割高感の強いApple純正の修理費用だが、iPhoneを長く使う続けたいのであれば直営店や正規サービスプロバイダで対応してもらうのがベスト。そもそも落とす可能性があるのであればAppleCare+に加入しておいた方がいいかもしれない。

▶ Apple公式サイトで「AppleCare+ for iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus」をチェック!
Apple新学期を始めようキャンペーン