Apple、電池が劣化した古いiPhoneの性能を意図的に落としている可能性が浮上

「iPhone 6s /128GB /シルバー」の速攻フォトレポート

Appleが、電池が劣化している古いiPhoneの性能を意図的に落としている可能性が浮上し、海外掲示板で議論が白熱している。

これは「iPhone 6s」を所有するユーザーによるRedditの投稿がきっかけ。投稿者であるTeckFireによると、「iPhone 6s」に「iOS 11」をインストール後、動作が悪化。兄弟の使っていた「iPhone 6 Plus」の方が動作が早かったことから、何かがおかしいということに気が付き、本体のバッテリーを交換することに。

バッテリー交換後、性能が本来あるべき姿に復活

電池を交換した結果、GeekBenchのパフォーマンスが劇的に向上。

TechFireは電池交換前、「iPhone 6s」のシングルコアスコアは「1466」、マルチコアスコアは「2512」だったと説明。「低電力モード」の有無は関係なかったという。

一方、電池交換後、シングルコアは「2526」、マルチコアスコアは「4456」を記録。

このことから、劣化したバッテリーでも十分にiPhoneを使えるようにするために、AppleはiPhoneのパフォーマンスを意図的に制御しているのではないか、と指摘している。

iOS 10.2.1」では、「iPhone 6/6s」の電源が突然落ちる不具合の80%を修正している。Redditのコメントに投稿しているmarinadefor3hoursによると、このアップデートでは、iPhoneのバッテリーが出力可能な最大電力に対して最大のクロック数をダイナミックに調整する、という修正方法が適用されていると説明。これが事実だとした場合、電池が劣化した「iPhone 6s」の動作がもたつくことの説明がつく。

Redditの投稿には記事執筆時点で650件近いコメントが寄せられているが、Appleは反応するのだろうか。

追記】Appleが謝罪し、電池交換費用を値下げすることを発表。詳細は下記から。

(via MacRumors

もっと読むiPhone 6sまとめ
あわせて読みたい