2020年のiPhoneは外向きカメラで3Dセンシングを可能とするToFセンサーを搭載か

ハイエンド機種(iPhone XS/XS Maxに相当するモデル)のみToFカメラを内蔵すると見られる

Iphone 2020 concept black

2020年に登場する新型iPhoneのうち、ToFセンサーによる3Dセンシングを可能とするカメラを搭載するモデルが2機種存在すると、TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏が明らかにしている。

2020年のiPhoneは全モデル「Face ID」対応、指紋認証復活ならずか

ToFカメラは、光の飛行時間を利用して三次元情報を計測することができ、離れた距離にある被写体の深度を認識できるようになると見られ、高い精度も期待される。

ToFカメラはTrueDepthカメラと似たような仕組みとなっているが、TrueDepthカメラが25〜50cmの距離しか認識できないのに対し、VCSELを使用したToFカメラは最大15mの距離まで計測可能だという。

先日、Appleは垂直共振器面発光型レーザー(VCSEL)のトップサプライヤーとして知られるLumentumにToF向けに準備するよう指示したと報じられていた。

また、Kuo氏は2020年に登場するiPhoneはすべて「Face ID」を内蔵するという。この情報が事実であれば、研究開発を本格化したと言われていたディスプレイ内蔵型指紋センサーの採用は見送られる可能性が高そうだ。

2020年のiPhoneは5.4インチ、6.1インチ、6.7インチモデルが用意されると見られ、全モデルが5G通信に対応し、有機ELディスプレイを搭載すると見られている。

(Source: MacRumors

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索