iPhone SE2は改良されたアンテナデザインを採用か

生産は2020年前半に開始される見通し

IPhone 8 PRODUCT RED Special Edition 19

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、「iPhone SE2」はリキッドクリスタルポリマー(LCP)を採用したアンテナデザインになると伝えている。2020年前半から生産が開始されると見られ、2020年第1四半期(2020年1〜3月)までに正式発表される見通し。

「iPhone SE2」の筐体は「iPhone SE」ではなくiPhone 8」に似たデザインを採用し、4.7インチディスプレイ、「A13 Bionic」チップ、3GBのRAMを内蔵する見通し。64GBモデルと128GBモデルが用意され、スペースグレイ、シルバー、レッドの3色展開になるという。

iPhone 11」シリーズと同じく「3D Touch」にも対応せず、「触覚タッチ」に切り替わる見通し。価格は399ドルからになると見られ、最新のチップを内蔵した4万円台から購入できるモデルになると期待される。

ネーミングについて具体的な情報はないが、スペックやデザインなどを考えると「iPhone 9」という名称の方が自然かもしれない。

(Source: MacRumors

コメントを残す(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(6件)
  1. 将来世代のために選挙に行こう

    仮に iPhone 9 という名称になったら、その次、要するに iPhone SE の次の次の iPhone の名称がややこしいことになりそうですね。

  2. 通りすがりの読者

    iPhone8が5万円代からなのにお値段据え置きではなく4万円代はさすがになさそうな気がします

    1. g.O.R.i

      正論!でも夢を見たい人たち多数……!

  3. 通りすがりの読者

    ミンチーさん、2017年から毎年ずっとiPhone SE2が出るって言い続けてますね。いつかは当たるのかなぁ

  4. Apple大好きマン

    これはめっちゃ売れそうですね!

    1. g.O.R.i

      めちゃくちゃ売れると思います……!

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索