2020年のiPhoneはすべて有機ELディスプレイを採用か

Iphone xs xr xsmax control centers

2020年のiPhoneは液晶ディスプレイは採用せず、全モデルが有機ELディスプレイを採用する可能性があるとWSJが報じている。

先日、2019年のiPhoneのうち、「iPhone XS Max」の後継モデルのみトリプルレンズカメラを搭載すると報じた際にも2020年までにiPhoneにおいて液晶ディスプレイの採用をやめ、有機ELに完全移行すると伝えていた。

完全移行の理由は「より柔軟性のある端末のデザイン」のため

有機ELディスプレイに完全移行する理由は「より柔軟性のある端末のデザイン」と説明されている。

実際、「iPhone XR」の丸角画面はAppleの技術力によって実現できているものの、液晶ディスプレイを採用したことによってベゼルが「iPhone XS」よりも分厚くなってしまっている。有機ELディスプレイを採用していればその問題は解消される。

Iphone xr xs bezel comparison
上が「iPhone XR」、下が「iPhone XS

2019年のiPhoneはトリプルレンズカメラの採用カメラユニットの配置変更などが噂されているものの、基本的なデザインは「iPhone XS/XR」からは大きく変わらない見通し。2020年に全モデルが有機ELディスプレイになれば、製品ラインナップが大きく変わる可能性もある。

有機ELディスプレイへの移行の煽りを受けているのは「iPhone XR」用の「Liquid Retina」を提供しているジャパンディスプレイ。Appleが昨年における売上の半分以上を占めていたことから、Appleが有機ELへ完全移行することによるインパクトは大きい。

Appleは有機EL以外にも「マイクロLED」と呼ばれる技術を研究していると見られ、2014年5月には「マイクロLED」を利用したディスプレイを取り扱うLuxVue Technologyを買収。その後、2018年3月には自社設計のマイクロLEDディスプレイを開発していると報じられていた。

マイクロLEDとは、LEDを従来以上に高密度に敷き詰め、高精細かつ広視野角なディスプレイ。液晶ディスプレイと比較して広色域や高輝度の実現、バックライトを不要とするためデバイスの薄型化およびバッテリーの省電力化にも貢献すると見られている。

2017年内までにマイクロLEDディスプレイ搭載製品の少量生産を開始すると報じられていたが、当時は完成とは程遠いとされ、2年以内の製品化を目指していると言われていた。

ディスプレイ技術以外では、Bloombergが昨年4月、Appleが将来のiPhone向けにタッチレス操作や曲面ディスプレイを開発していると報じていた。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい