「Liquid Retina」の定義は「角丸加工されたディスプレイ」らしい

Liquid Retina Display ipad pro

iPad Pro 2018」には「Liquid Retina」ディスプレイが搭載されているが、iPhone XR」にも同じく「Liquid Retina」ディスプレイが搭載されている。

エッジからエッジまで広がる、新しいLiquid Retinaディスプレイ。すべてを限りなく現実に近い色で美しく映し出し、ProMotionテクノロジーが驚異的な反応の良さを引き出します。

via iPad Pro – Apple(日本)

すべてが新しいLiquid Retinaディスプレイ。それは、業界の中で最も先進的なLCD。

via iPhone XR – Apple(日本)

ただし、これらのデバイスに搭載されているディスプレイはどちらも液晶であることを除き、パフォーマンスは一部異なる。

それにも関わらず、同じ名前。一体どういうことか。

The Vergeが公開した「iPad Pro 2018」のレビュー動画によると、Appleは「Liquid Retina」を「角丸加工されたディスプレイ」と定義づけていると言われたそうだ。

角丸加工された液晶ディスプレイ = Liquid Retina?

なんともざっくりとした定義だが、実際にディスプレイのスペックを比較すると「iPad Pro 2018」の方が「iPhone XR」を遥かに上回るディスプレイ性能を持っていることが分かる。

iPad Pro iPhone XR
  • Liquid Retinaディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載11インチ(対角)LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイ
  • 2,388 x 1,668ピクセル解像度、264ppi
  • ProMotionテクノロジー
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • True Toneディスプレイ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • フルラミネーションディスプレイ
  • 反射防止コーティング
  • 1.8%の反射率
  • 600ニトの輝度
  • Liquid Retina HDディスプレイ
  • IPSテクノロジー搭載6.1インチ(対角)オールスクリーンLCD Multi‑Touchディスプレイ
  • 1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi
  • 1,400:1コントラスト比(標準)
  • True Toneディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • 最大輝度625cd/m2(標準)
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数の言語と文字の同時表示をサポート

特に差が大きいのは「iPad Pro 2018」にのみ搭載されている「ProMotionテクノロジー」。最大で120Hzのリフレッシュレートに対応しているため、並べて比較すると操作性に大きな違いがあることが分かる。

ただし、「角丸加工されたディスプレイ」が「Liquid Retina」の定義だとしたら、「iPhone XS/XS Max」のディスプレイもその定義に当てはまってしまう。よって、より厳密な定義としては「角丸加工された液晶ディスプレイ」ということなのではないかと思われる。

つまり、ベゼルレスの液晶ディスプレイは「Liquid Retina」、ベゼルレスの有機ELディスプレイは「Super Retina HD」ということなのだろう。

……と思って「Apple Watch Series 4」のディスプレイを調べてみたところ、「感圧タッチ対応LTPO OLED Retinaディスプレイ」との記載が。もう何だっていいか……。

もっと読むiPad Proまとめ
もっと読むiPhone XRまとめ