「iPad Pro」の10.5インチモデル(2017)と9.7インチモデル(2016)のスペック比較

Ipad pro retina thin

10.5インチ型「iPad Proが6月13日から発売される。

本記事では2017年6月に発表された10.5インチ型「iPad Pro2016年3月に発表された9.7インチ型「iPad Pro」スペックや仕様を比較してみた。最新モデルを購入するべきか、それとも9.7インチモデルの整備済み商品を購入するべきか悩んでいる人は参考にどうぞ!

10.5インチ VS 9.7インチ!「iPad Pro」の性能比較

まずは1分程度で分かる、10.5インチ型「iPad Pro」が9.7インチ型「iPad Pro」から進化したポイント・変わったポイントをまとめたので、ご覧あれ!

  • CPUが「A10 Fusion」と「M10」になった
  • ディスプレイ解像度は画面サイズ拡大に伴って高くなったが、ピクセル密度は同じ264ppi
  • ディスプレイは最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる「ProMotionテクノロジー」に対応
  • iSightカメラはƒ/1.8の開口部、6枚構成のレンズなど、「iPhone 7」と同様のものを搭載
  • FaceTimeカメラは700万画素になり、1080p HDビデオ撮影が可能に
  • 「Touch ID」が第2世代になり、認証速度が高速化
  • 本体は大きくなっている
  • 本体は32〜33g重くなっている
  • 価格は提供されているストレージ容量に対して安くなっている

上記を踏まえた上で、具体的なスペックと仕様の比較は下記表を参考にどうぞ!

iPad Pro(10.5インチ) iPad Pro (9.7インチ)
Wi-Fi Wi-Fi+LTE Wi-Fi Wi-Fi+LTE
プロセッサー A10X Fusion + M10 A9X + M9
ディスプレイ Retinaディスプレイ
10.5インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touch
ディスプレイ
2,224 x 1,668ピクセル解像度、264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
Retinaディスプレイ
9.7インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,048 x 1,536ピクセル解像度、264ppi
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
外向きカメラ(iSight) 12メガピクセルカメラ
ƒ/1.8の開口部
最大5倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
12MP iSightカメラ
Live Photos
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
True Toneフラッシュ
写真の広色域キャプチャ
パノラマ(最大63メガピクセル)
写真の自動HDR
露出コントロール
バーストモード
タイマーモード
ƒ/2.2の開口部
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射
サファイアクリスタル製レンズカバー
自動手ぶれ補正
強化されたローカルトーンマッピング
強化されたノイズリダクション
顔検出
写真へのジオタグ添付
内向きカメラ(FaceTime) 7メガピクセルの写真
1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
5メガピクセルの写真
720p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とビデオの自動HDR
裏面照射
露出コントロール
バーストモード
タイマーモード
顔検出
動画撮影 4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正
3倍ビデオズーム
顔検出
ビデオへのジオタグ添付
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.0
Touch ID 第2世代 第1世代
Smart Connector
スピーカー 4基
電池持ち Wi-Fi:最大10時間 Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
Wi-Fi:最大10時間 Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
容量 64GB
256GB
512GB
32GB
128GB
256GB
縦幅 250.6mm 240mm
横幅 174.1mm 169.5mm
厚さ 6.1m 6.1mm
重さ 469g 477g 437g 444g
カラー ローズゴールド
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
価格 64GB:69,800円
256GB:80,800円
512GB:102,800円
64GB:84,800円
256GB:95,800円
512GB:117,800円
32GB:66,800円
128GB:84,800円
256GB:102,800円
32GB:82,800円
128GB:100,800円
256GB:118,800円

CPU性能が最大30%、GPU性能が最大40%向上

10.5インチ型「iPad Pro」は大々的に発表されたが、正直なところ、9.7インチ型「iPad Pro」と比較するとCPUの性能が向上し、ディスプレイが大きくなり、カメラの性能が良くなった程度。一般的には買い替えるほどではないかもしれない。

ただ、そのスペックアップは相当凄いようだ。「A10 Fusion」は6コアのCPUと12コアのGPUを搭載。「A9X」チップよりもパフォーマンスが最大30%、グラフィックス性能が最大40%高速化しているという。

「ProMotionテクノロジー」対応で「Apple Pencil」がより快適に

特に今回の最新モデルで恩恵を受けるのは「Apple Pencil」を多用する人だろう。なぜなら、最大120Hzのリフレッシュレートが得られる「ProMotionテクノロジー」に対応しているから。

Appleによると、この技術の導入によって「流れるようなスクロールの操作性とさらに素早い反応、これまで以上にスムーズな動画コンテンツの視聴」が可能になるという。併せて「Apple Pencil」の反応がさらに向上し、レイテンシが業界最高水準の20ミリ秒にまで軽減することができたため、今まで以上になめらかな描画が可能になる。

iOS 11」との組み合わせに期待!仕事はこなせるのか?!

「Apple Pencil」を使わなかったとしてもマルチタスク機能が大幅に強化された「iOS 11」と「10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard」があれば「iPhone以上、Mac未満」の作業を行う上では非常に優秀なデバイスになり得る。僕はまさにその隙間を埋めるデバイスとして期待している。

個人的にはネットやタイムラインを見たり、雑誌や電子書籍を読むなどコンテンツ消費デバイスとして使う予定。いつでもどこでも通信できるようにするためのセルラーモデルを選択し、格安SIMで格安運用できるようにSIMフリーモデルをApple公式サイトから購入。

「iPhoneだと画面が狭くて作業しづらいが、Macを取り出すほどではない」という時にちょうど良いデバイスになることに期待!

もっと読むiPad Proまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読