新旧対決!「iPad Pro」の12.9インチモデル(2017/2015)のスペック比較

Apple pencil ipad pro notes

新登場の10.5インチ型「iPad Pro」と同時に新しくなった12.9インチ型「iPad Proが6月13日から発売される。

本記事では2017年6月に発表された12.9インチ型「iPad Pro」2015年9月に発表された12.9インチ型「iPad Pro」スペックや仕様を比較してみた。最新モデルを購入するべきか、それとも12.9インチモデルの整備済み商品を購入するべきか悩んでいる人は参考にどうぞ!

12.9インチモデルの性能比較!2年間で何が変わったか

まずは1分程度で分かる、12.9インチ型「iPad Pro」の2017年モデルが初代の2015年モデル進化したポイント・変わったポイントをまとめたので、ご覧あれ!

  • CPUが「A10 Fusion」と「M10」になった
  • ディスプレイは最大で120Hzのリフレッシュレートが得られる「ProMotionテクノロジー」に対応
  • ディスプレイが広色域(P3)に対応
  • True Toneディスプレイに対応
  • iSightカメラはƒ/1.8の開口部、6枚構成のレンズなど、「iPhone 7」と同様のものを搭載
  • FaceTimeカメラは700万画素になり、4Kビデオ撮影が可能に
  • 「Touch ID」が第2世代になり、認証速度が高速化
  • 本体が31〜36g軽くなっている
  • 価格は提供されているストレージ容量に対して安くなっている

上記を踏まえた上で、具体的なスペックと仕様の比較は下記表を参考にどうぞ!

新型iPad Pro(12.9インチ) 旧型iPad Pro(12.9インチ)
Wi-Fi Wi-Fi+LTE Wi-Fi Wi-Fi+LTE
プロセッサー A10X Fusion + M10 A9X + M9
ディスプレイ Retinaディスプレイ
12.9インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touch
ディスプレイ
2,732 x 2,048ピクセル解像度、264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
Retinaディスプレイ
12.9インチ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
2,732 x 2,048ピクセル解像度、264ppi
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
外向きカメラ(iSight) 12メガピクセルカメラ
ƒ/1.8の開口部
最大5倍のデジタルズーム
光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
8MP iSightカメラ
オートフォーカス
パノラマ(最大43メガピクセル)
写真のHDR
露出コントロール
バーストモード
タップしてフォーカス
タイマーモード
ƒ/2.4の開口部
5枚構成のレンズ
ハイブリッド赤外線フィルタ
裏面照射
自動手ぶれ補正
顔検出
写真へのジオタグ添付
内向きカメラ(FaceTime) 7メガピクセルの写真
1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
1.2メガピクセルの写真
720p HDビデオ撮影
ƒ/2.2の開口部
写真とビデオのHDR
裏面照射
露出コントロール
バーストモード
タイマーモード
顔検出
動画撮影 4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
1080p HDビデオ撮影(30fps)
720p(120fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ビデオの手ぶれ補正
3倍ビデオズーム
顔検出
ビデオへのジオタグ添付
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.0
Touch ID 第2世代 第1世代
Smart Connector
スピーカー 4基
電池持ち Wi-Fi:最大10時間 Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
Wi-Fi:最大10時間 Wi-Fi:最大10時間
3G/LTE:最大9時間
容量 64GB
256GB
512GB
32GB(Wi-Fiのみ)
128GB
256GB
縦幅 305.7mm
横幅 220.6mm
厚さ 6.9mm
重さ 677g 692g 713g 723g
カラー ゴールド
スペースグレイ
シルバー
価格 64GB:86,800円
256GB:97,800円
512GB:119,800円
64GB:101,800円
256GB:112,800円
521GB:134,800円
32GB:94,800円
128GB:112,800円
256GB:130,800円
128GB:128,800円
256GB:146,800円

CPUは劇的に進化!作業効率向上に期待

新しい12.9インチモデルの外観は初代12.9インチモデルと全く同じ。サイズは全く同じ、重量はわずかに軽くなったがほぼ変わらず。

ただ、中身は劇的に進化している

6コアのCPUと12コアのGPUを搭載した「A10 Fusion」は「A9X」チップよりもパフォーマンスが最大30%、グラフィックス性能が最大40%高速化しているというのは10.5インチモデルと同じ。以前に増して作業効率が上がることが期待できる。

念願のTrue Toneディスプレイ搭載、ProMotionテクノロジーに対応

ディスプレイは大きく進化。9.7インチモデルには先行して採用されていた広色域(P3)に対応したTrue Toneディスプレイにようやく対応し、さらには2017年モデルから新たに導入された「ProMotionテクノロジー」にも対応。最大120Hzのリフレッシュレートが得られるため、特に「Apple Pencil」を多用する人は恩恵を受けることができるはず。

カメラ性能は「iPhone 7」と同レベルに!画質が劇的に向上

カメラ性能も「iPhone 7」並にアップグレード。個人的には12.9インチモデルを持ち上げて撮影しようとは思えないものの、そのような使い方をする人にとっては劇的進化であることは断言できる。ドキュメントスキャナーとしてカメラを活用している人でもスキャンした資料のクオリティは上がると予想される。

「Touch ID」は第2世代に、ストレージ容量も最大512GBに

「Touch ID」も高速認証できる第2世代にアップグレード。ストレージ容量はベースモデルが64GBになり、最大512GBまで用意されている。コンピューターの代わりとして活用している人にとっては良い選択肢だと思うが、一般的なタブレットとしての用途であれば多くても256GBで十分ではないだろうか。

コンピューターの代わりを狙う12.9インチモデルという存在

僕は初代の12.9インチモデルを所有しているが、やはりかなり大きい。家の中でカジュアルに使おうとして手に取ると想像以上のズッシリ感に驚く。「12.9インチiPad Pro用Smart Keyboard」と組み合わせて持ち歩いているとノーパソ顔負けの存在感になる。

僕は今回発表された新モデルのうち、10.5インチモデルをチョイス。ネットやタイムラインを見たり、雑誌や電子書籍を読むなどコンテンツ消費デバイスとして使う予定なので12.9インチモデルでも良いのだが、いざ持ち運ぶとなると僕の中では12.9インチは少しサイズオーバーかつ重量オーバー。

自宅やオフィスの据え置きデバイスとしてコンピューターの代わりに活用するには12.9インチモデルは良いかもしれない。特に「iOS 11」で劇的に進化したマルチタスク機能を組み合わせることによってあらゆる操作がスムーズになることが期待される。

また、イラストレーターやデザイナーなどペンタブとしてiPadを活用している人にとっては10.5インチより12.9インチの大きい画面サイズの方が作業しやすいはず。「ProMotionテクノロジー」対応によって今まで以上になめらかな描画ができると予想される。

12.9インチモデルは万人にオススメできるサイズではないが、既に12.9インチモデルを持っている人でバリバリ活用している人にとっては良いアップグレードではないだろうか。気になる人はチェックしてみるべし!

もっと読むiPad Proまとめ
あわせて読みたい