新型「iPad Pro」は11インチモデルと12.9インチモデル、18WのUSB-C電源アダプタを同梱か

Ipad pro with smart keyboard at apple shinjuku

Appleが2018年に発表する新型「iPad Pro」は11インチモデルと12.9インチモデルとなっていて、11インチモデルは10.5インチモデルの代わりになるとDigitimesが報じている。

iPad mini」の新モデル投入予定は今のところ無し

新機種投入により、Appleは2018年の第4四半期におけるiPadシリーズのラインアップは9.7インチ型「iPad」と「iPad mini 4」を加えた4機種になるとのこと。今のところiPad mini 4」は新モデルが発表される計画はないという。

また、新しい11インチモデルおよび12.9インチモデルには18WのUSB-C電源アダプタが同梱されているとのこと。次期iPhoneだけではなく、次期iPadも今後は18WのUSB-C電源アダプタが標準になりそうだ。

これは「iPad Pro」の端子がUSB-Cになるということではなく、端子は引き続きLightningポートを採用するが、電源アダプタと同梱されるケーブルがUSB-C – Lightningケーブルになり、有線接続による充電は高速充電が基本になると考えられる。

もっと読むiPad Proまとめ