Apple Watch Series 4まとめ

Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」の2018年モデル「Apple Watch Series 4」に関連する最新ニュースや情報、レビューについて書かれた「Apple Watch Series 4」に関する記事まとめ。

38mmモデルが40mmに、42mmモデルが44mmに大型化され、表示領域も従来モデルと比べて最大35%も広くなった。デジタルクラウンにはHaptic Feedbackが導入。店頭検出機能や心電図機能にも対応し、フィットネス機能だけではなく、医療機器としても性能が向上している。

初代モデルや「Series 1/2」、「Series 3」からの変化、最新モデルの使い勝手、操作性などについて解説。

「Apple Watch Series 4」の特徴
モデル 40mm / 44mm
仕上がり アルミニウム / ステンレススチール
サイズ ステンレススチール – 40mm ステンレススチール – 44mm
  • 縦:40 mm
  • 横:34 mm
  • 厚さ:10.7 mm
  • ケース重量:39.8 g
  • 縦:44 mm
  • 横:38 mm
  • 厚さ:10.7 mm
  • ケース重量:47.9 g
アルミニウム – 40mm アルミニウム – 44mm
  • 縦:40 mm
  • 横:34 mm
  • 厚さ:10.7 mm
  • ケース重量:30.1 g
  • 縦:44 mm
  • 横:38 mm
  • 厚さ:10.7 mm
  • ケース重量:36.7 g
プロセッサ S4チップ
ワイヤレスチップ W3チップ
特徴 電気心拍センサーを搭載
加速度センサーが強化
店頭検出機能を搭載
素材 裏面が全面セラミックとサファイアクリスタルに
厚さ 10.7mm

新着記事Apple Watch Series 4