子どもにApple Watchを与えられる「ファミリー共有設定」が登場

日本ではauのみが開始時にサポート、他キャリアの対応は明らかになっていない

AppleEvent2020Sep TimeFlies 580

Appleは9月16日、スペシャルイベント「Time Flies」で、Apple Watch Series 4以降のセルラーモデルで利用できる新機能「ファミリー共有設定」を発表した。家庭内においてiPhoneを持っていない子どもやシニアの家族でも、別の家族が持つiPhoneでApple Watchを設定可能になった。

ファミリー共有設定を使用すれば、緊急SOSなどの健康や安全に関するApple Watchの重要な機能を家族全員が利用できる。一方でマップ、Siri、アラーム、App Storeなどの機能はiPhoneを必要とせず、独立した使い方ができる。

子どもにファミリー共有設定されたApple Watchを持たせた場合、親はいつでも子どもに連絡でき、位置情報も確認できる。コミュニケーションは、FaceTimeの音声通話、メッセージやメールの送受信、ほかのApple Watchユーザーとのトランシーバー機能による通話が利用できる。
Apple watch find my screen iphone11 screen 09152020

ファミリー共有設定されたApple Watchは、「スクールタイム」と呼ばれる新しいモードも用意される。スクールタイムモードでは、アプリケーションの利用が制限されていることを示す、教師や親がすぐに認識できる特徴的な黄色の円が文字盤に表示され、おやすみモードがオンになる。
AppleEvent2020Sep TimeFlies 616

親は自分のiPhone上で設定を行い、Apple Watchが一定時間自動的にスクールタイムモードに入るように設定することができる。

ファミリー共有設定の利用には、watchOS 7を搭載したセルラーモデルApple Watch Series 4以降またはApple Watch SEと、iOS 14を搭載したiPhone 6s以降があわせて必要。また設定されたApple Watchの電池持ちは、通常1日18時間のところ14時間になる。

また日本ではauから提供されると発表。他のキャリアから今後提供されるのか、独占的なのかはわかっていない。
AppleEvent2020Sep TimeFlies 624

特集
関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watch Series 6」新着記事
トレンド検索