充電できなくなったApple Watch Series 5/SE、無償修理を実施

普段使用している充電器の上にApple Watchを30分間置いても充電されない場合、無償修理が手配される

Belkin Boost Charge Apple Watch Mobile Battery 15

Appleは2月16日、watchOS 7.3.1のリリースに合わせてサポートドキュメント「Apple Watch Series 5 や Apple Watch SE が省電力モードになり、充電されない場合」を公開。watchOS 7.2または7.3を搭載したApple Watch Series 5またはApple Watch SEで、省電力モードになった後、充電されなくなるという事例が一部で報告されていると説明している。

Apple WatchwatchOS 7.3.1にアップデートした上で、普段使用している充電器の上にApple Watchを30分間置いても充電されない場合、無償修理を行うと発表している。無償修理の手配は、Appleサポートへ問い合わせる必要がある。修理サービスは、事前にApple Watchを調べ無償修理の対象となるかどうか判定される。

問題が起きていない場合、今後の発生を防ぐためにwatchOS 7.3.1へのアップデートが推奨されている。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Watchニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索