【比較】Apple Watch Series 5はSeries 4から買い換えるべき?スペックや機能を比べてみた

常時オンディスプレイが採用されたことにより、Apple Watchはようやく”腕時計”として最低限使えるようになった

Apple Watch Series 5 Series 4 comparison

Apple Watch Series 4」を持っている人は「Apple Watch Series 5」に買い換えるべきか。それとももう1年我慢して来年以降登場するモデルを待つべきか。

Apple Watch Series 3」から「Apple Watch Series 4」はディスプレイの大型化、センサーの強化、本体の薄型化など様々な目に見える進化があったが、今年は意外と少ないような印象を受ける。

Apple Watch Series 5」は常時オンディスプレイの追加とコンパスの内蔵、新しいチタンケースとセラミックケースが登場している以外は地味。昨年のアップデートが大きかったこともあり、今年は「Apple Watch Series 4s」のような位置づけかもしれない。

それでも買い換えるべきなのか。僕の答えはYESだ。

本記事ではApple Watch Series 5」と「Apple Watch Series 4」のスペック・仕様を比較してみたので、購入を検討している人は参考にどうぞ!

1分で分かる「Apple Watch Series 5」と「Series 4」との違い

まずは1分で分かる「Apple Watch Series 5」が「Apple Watch Series 4」から進化したポイント・変わったポイントをまとめたのでご覧あれ!

  • 「Apple Watch Series 5」が常時オンディスプレイに対応した
  • 「Apple Watch Series 5」がコンパスに対応した
  • 「Apple Watch Series 5」のプロセッサが「S4」から「S5」に進化した
  • 「Apple Watch Series 5」にチタニウム(チタン)ケース、セラミックケースが追加された

最大の違いは常時ディスプレイとコンパス内蔵

「Apple Watch Series 5」は「Apple Watch Series 4」と比較して、ハードウェアとしては目立つような進化をしていない。決定的に違うのは常時オンディスプレイに対応したことコンパスが内蔵されたこと。

常時オンディスプレイは僕自身、初代モデルから永遠と文句として言い続けてきたApple Watch最大の欠点と言っても過言ではない。従来モデルはつり革を掴んでいる時、会議中にちらっと時間を確認したい時、トレーニング中に心拍数を確認したい時、手首を物理的に動かせない状況にあるときに画面を見ることができないのだ。

Apple Watch Nomad Titanium Band Review 68

ようやく「Apple Watch Series 5」で実現。どうやらディスプレイのリフレッシュレートを1Hzまで落とすことにより、従来と変わらない最大18時間の電池持ちを実現しながらもいつでもディスプレイを確認できる仕組みを実現したそうだ。

逆に言えば、とにかく電池持ちを必要とするのであれば常時オンディスプレイ自体を無効化すれば、わずかながら電池持ちが延びるかもしれない。

コンパスの内蔵はサードパーティアプリに活きる

コンパスの内蔵はApple Watch単体で正確な方角が確認できるようになる、アウトドアなどで役に立ちそうな機能。Apple純正の「マップ」アプリが進化してくれれば役に立ちそうだ。

チタンケースやセラミックケースも選択肢に

他にも「Apple Watch Edition」シリーズとしてセラミックケースの復活およびチタニウム(チタン)ケースが追加された。チタンは「チタニウム」と「スペースブラック」という2色が用意されている。

Apple Watch Series 5 Edition

Series 5に買い換えるべきか否か → 僕は断然買い替え推奨派

では本題である「買い換えるべきか否か」について、僕は真っ先に「買い換えるべき」と言いたい。なぜなら、常時オンディスプレイが付いたから。腕時計として本来の役目を果たすことができるようになったから。

「時間を確認する」という、腕時計ができて当たり前のことがようやくできるようになったのはかなり大きい。併売されている「Apple Watch Series 3」は低価格で魅力的だが、今から買うなら間違いなく「Apple Watch Seires 5」をおすすめしたい

続いて、より具体的なスペックの比較は下記表を参考にどうぞ!

「Apple Watch Series 5」と「Series 4」を比較

カラーモデル

Apple Watch Series 5 Apple Watch Series 4
GPS + Cellularモデル GPSモデル GPS + Cellularモデル GPSモデル
  • アルミニウム
    • シルバー
    • スペースブラック
    • ゴールド
  • ステンレススチール
    • シルバー
    • スペースグレイ(DLC)
    • ゴールド(PVC)
  • チタニウム
    • チタニウム
    • スペースブラック
  • セラミック
    • ホワイト
  • シルバー
  • スペースブラック
  • ゴールド
  • シルバー
  • スペースブラック
  • ゴールド
  • ステンレススチール
    • シルバー
    • スペースブラック
    • ゴールド
    • シルバー
    • スペースブラック
    • ゴールド

    特徴(センサー、耐水性能、厚さ、容量、筐体素材)

    Apple Watch Series 5 Apple Watch Series 4
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • コンパス
    • 気圧高度計
    • 10.7mmの薄さ
    • 耐水性能:50メートル
    • 電気心拍センサー
    • 第2世代の光学式心拍センサー
    • 海外における緊急通報3と緊急SOS
    • 加速度センサー(最大32G)
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • スピーカー(50パーセント大きい音量)
    • マイクロフォン
    • Apple Pay
    • GymKit
    • 容量32GB(全モデル共通)
    • 転倒検出
    • 触覚的な反応を返すDigital Crown
    • セラミックとサファイアクリスタルの裏蓋(全モデル共通)
    • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    • 気圧高度計
    • 10.7mmの薄さ
    • 耐水性能:50メートル
    • 電気心拍センサー
    • 第2世代の光学式心拍センサー
    • 緊急SOS
    • 加速度センサー(最大32G)
    • ジャイロスコープ
    • 環境光センサー
    • スピーカー(50パーセント大きい音量)
    • マイクロフォン
    • Apple Pay
    • GymKit
    • 容量16GB
    • 転倒検出
    • 触覚的な反応を返すDigital Crown
    • セラミックとサファイアクリスタルの裏蓋

    ディスプレイ

    Apple Watch Series 5 Apple Watch Series 4
    • 44mm
      • 368 x 448ピクセル
      • 977平方ミリメートルの表示領域
      • Series 3より30%以上大きくなったディスプレイ
    • 40mm
      • 324 x 394ピクセル
      • 759平方ミリメートルの表示領域
      • Series 3より30%以上大きくなったディスプレイ
    • 感圧タッチ対応LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイ
      • 1,000ニトの輝度
    • 44mm
      • 368 x 448ピクセル
      • 977平方ミリメートルの表示領域
      • Series 3より30%以上大きくなったディスプレイ
    • 40mm
      • 324 x 394ピクセル
      • 759平方ミリメートルの表示領域
      • Series 3より30%以上大きくなったディスプレイ
    • 感圧タッチ対応LTPO OLEDRetinaディスプレイ
      • 1,000ニトの輝度

    チップ

    Apple Watch Series 5 Apple Watch Series 4
    • S5(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
      • 最大2倍速いプロセッサ
    • W3
      • Appleワイヤレスチップ
    • S4(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
      • 最大2倍速いプロセッサ
    • W3
      • Appleワイヤレスチップ

    通信方式

    Apple Watch Series 5 Apple Watch Series 4
    • LTE、UMTS
    • 802.11b/g/n 2.4GHz
    • Bluetooth 5.0
    • LTE、UMTS
    • 802.11b/g/n 2.4GHz
    • Bluetooth 5.0

    電源

    Apple Watch Series 5 Apple Watch Series 4
    • 最大18時間
    • 磁気充電ケーブル
    • USB電源アダプタ
    • 最大18時間
    • 磁気充電ケーブル
    • USB電源アダプタ
    コメントを残す(8件)

    コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

    コメント一覧(8件)
    1. 通りすがりの読者

      こね記事の執筆者には、まず「落ち着いて書きましょう。そして、ちゃんと見直しましょう」と言いたいです。

      記事の2段落目、
      > 今年は意外と少なくような印象を受ける。

      「少ないような印象を」の誤字ですね。

      あと、Series 4とSeries 5の比較表に

      Series 4にある「触覚的な反応を返すDigital Crown」が、Series 5に無いのは何故なのか?

      Series 5って、Digital Crownそのものが無いんでしたっけ?(画像を見る限り、有るように見えますが)
      それが事実であるとしたら、Series 4持ってるから必要ないです。

      1. g.O.R.i

        うおおおおすいません!!!ご指摘頂いた点、修正いたしました!また、Digital Crownはどちらも仕様は変わらないです!!僕の記入漏れですね、失礼致しました。

        1. 通りすがりの読者

          いえいえとんでもありません。決してクレームなどの意図でコメントしたわけではないのですが、トゲトゲしい文字使いをしてしまい、申し訳ありませんでした。それで、、なのですが、、。
          修正後の
          > 今年は意外と少ないようなな印象を受ける。

          「な」が一文字多い、、、ですよね?

          1. g.O.R.i

            うおおおおおおおおおおおおおおお間違ってるーーーー落ち着いてねぇぇぇぇえすいません!!!!今再度修正しました!!

            1. 通りすがりの読者

              いえいえとんでもないです。わたしも> こね記事の
              というように、いきなり誤字ってるんですよね、、
              私はiPhone XS Maxですが、iOS13.1にしてから、どうも入力ミスが多発しています。
              ところで、Apple製品に関してとても具体的に書かれている本記事、なるほどなぁ、、と読み入ってしまいました。
              また次の記事も楽しみにしています。
              では、本件をクローズとしていただけましたら幸いでございます。

            2. g.O.R.i

              おす!!!今後ともよろしくお願いします!!

    2. 通りすがりの読者

      逆に言えば、常時点灯が必要無ければ、買い替えの必要性は、感じられない。普通に使えますから、

      1. g.O.R.i

        ごもっともです!!!!!!!!だってシリーズ4、完成度高いですからねー!

    「Apple Watch Series 5」新着記事
    トレンド検索