iFixit、「Apple Watch Series 4」の分解レポートを公開

Ifixt apple watch series 4 breakdown
【image via iFixit

iFixitが「Apple Watch Series 4」の44mmモデルの分解レポートを公開している。

驚くべきことに、「Apple Watch Series 4」のバッテリー容量は40mmモデル・44mmモデルともに電池容量が2割弱も減っていることが判明。それにも関わらず、昨年の「Apple Watch Series 3」と同じ連続使用時間を実現することに成功している。

Series 4は、Series 3よりも小さいバッテリーで同じ電池持ちを実現

iFixitの分解レポートによると、バッテリー本体の一面には1.113Whと書かれ、もう一方では1.12Whと書かれていることが判明。MacRumorsによると、Apple Product Information Sheetによると、「Apple Watch Series 4」および「Apple Watch Series 3」の電池容量は下記の通り:

Series 4 Series 3
40mm 44mm 38mm 42mm
0.86Wh 1.12Wh 1.07Wh 1.34Wh

上記から分かる通り、「Apple Watch Series 4」の44mmモデルは昨年の42mmモデルと比較して電池容量が約17%減っている。40mmモデルも38mmモデルと比較して約20%減っていることが確認できる。

Appleは「Series 4」のハードウェアを大幅に刷新しているとのことで、ボタン、ディスプレイ、ケースなどがすべて新しくなっているとのこと。内蔵されているTaptic Engineは薄型化されているが、長さが増している。

修理スコアは10段階中「6」という結果に。詳細は下記からどうぞ!

あわせて読みたい