Apple Watch Series 5:アルミニウム・ステンレススチール・チタン・セラミックの重さ比較

最も軽いモデルは40mmのアルミニウムケース(約30.8g)、最も重いモデルは44mmのステンレススチールケース(約47.8g)

Apple Watch Series 5 Edition

Apple Watch Series 5」には従来のアルミニウムケースとステンレススチールケースに加えて、チタニウムとセラミックの素材が「Apple Watch Edition」として追加されている。

一般的にチタンはステンレススチールよりも軽い。Apple公式サイトでも「ステンレススチールより軽量ながら、重量比強度は2倍」と記されていることから、「Apple Watch Series 5」のチタニウムケースも例外ではないようだが、具体的にどれぐらいの重さなのかは明記されていない。

9to5Macによると、「Apple Watch Series 5」におけるチタニウムケースとステンレススチールケースの重量差はわずか5gていどであることが分かった。

アルミニウム・ステンレススチール・チタン・セラミックのケース重量(40mm/44mm)

Apple Watch Series 5」における、40mm/44mmモデルの各ケースの重量は下記の通り;

  • 40mmモデル
    • アルミニウム:30.8g
    • チタニウム:35.1g
    • セラミック 39.7g
    • ステンレススチール:40.6g
  • 44mmモデル
    • アルミニウム:36.5g
    • チタニウム:41.7g
    • セラミック:46.7g
    • ステンレススチール:47.8g

最も軽い「Apple Watch Series 5」モデルは40mmのアルミニウムケースで、約30.8g。最も重いモデルは44mmのステンレススチールケースで、約47.8g。今回、僕はチタンを選んだが、重い時計の方が好みである僕としてはステンレススチールにした方が良かったのではないかと少し後悔している。

フィットネスという側面で言えば時計は軽くて丈夫であることに越したことはなく、チタンの軽量さと頑丈さは魅力的ではある一方で、腕時計として身につける場合は軽さよりも重厚感を求めている自分がいるため、結果的にステンレススチールの方があっていたのかもしれない。

とは言え、5g程度の差なら気付かないかもしれない。気付かない、ということにしておこう!

コメントを残す(8件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(8件)
  1. んちまみ

    Apple Watchではないですが、iPad Pro2018のCM映像の「iPad Proを持ち上げる時にクルッと回す」アレをやろうとしましたが12.9で633gは出来なかった…(。・ω・。)

    1. g.O.R.i

      持ち上げる時にくるっとまわすってどれだろう……!

  2. 読者

    g.O.R.iさん的には、チタン+ホワイトスポーツバンドと、ステンレス+ホワイトスポーツバンドはどっちが色の組み合わせが合うと思いますか!?めっちゃ迷ってます(-.-;)

    1. g.O.R.i

      うーん、僕まだチタンケースみたことないから現時点では何とも言えないですね……

  3. 通りすがりの読者

    ステンレス44ミリ4個で11Pro MAXくらい…(。・ω・。)

    1. g.O.R.i

      Pro Max重っっ

  4. 通りすがりの読者

    チタンのレビュー楽しみです!

    1. g.O.R.i

      OK!

「Apple Watch Series 5」新着記事
トレンド検索