ソフトバンクオンラインショップ

iPhone 12 Proの筐体、”完成版”が流出か

iPhone 12 ProシリーズはどちらもLiDARセンサーを搭載することになりそう(Maxのみという噂もあった)

IPhone12Pro Case with LiDAR Sensor

@EveryAppleProよりキャプチャ

2020年の新型iPhone(iPhone 12)のうち、6.1インチディスプレイを搭載した「iPhone 12 Pro」と見られる筐体が流出した可能性がある。EverthingAppleProによると、筐体は「完成版」だという。

カメラユニットは、iPhone 11 Proのマイク位置にLiADRセンサーが配置されている。マイクは右側のレンズとLiDARセンサーの間に配置され、金属製のリングが廃止されている。筐体はフラットな側面が特徴となっており、iPad Pro(2020)に似たデザインになっている。

内側の中央には、巨大なうちわのような黒いパーツが確認できる。EverthingAppleProは先月、「iPhone 12」にマグネットが配置されることを示唆する図面を公開。純正ケースにも同様のマグネットが内蔵されている

LiDARセンサーを搭載するモデルは6.7インチ型「iPhone 12 Pro Max」に限定されるとの噂もあったが、EverthingAppleProの言う通り「完成版」であれば、「iPhone 12 Pro」シリーズは2機種とも同じカメラユニットを搭載するだろう。

ストーリータイムライン
7本の記事を表示する
関連情報
コメント(8件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    マグネットはやめてくれぇ…
    普段はポケットに入れてるけど不意に鞄に入れる時にカード類とか気にする必要が出てくる…

  2. 通りすがりの読者

    カメラ部分がどんどん気持ち悪くなっていってる。うげぇ…

  3. 通りすがりの読者

    そもそも、Maxって無印より大きくしただけですからね…
    機能追加するならPlusを付けるでしょうし、
    MaxのみにLiDARつけるとかミリ波対応するとか、
    噂自体がナンセンスだと思ってます。

    1. g.O.R.i

      そんな簡単なことじゃないと思いますよ。物理的に大きいことはそれだけパーツに余裕があるということですし、逆に言えば小さい筐体は限られたスペースで同様のパーツを入れる必要があり、簡単そうに見えてすごく難しいことだと思います。

      まあ、ユーザーとしては「同じProなのになんで仕様が異なるんだ!?」ってなるんでしょうけどねw でも思い返してみれば、iPhone 6とiPhone 6 Plusは画面サイズだけではなくカメラ性能にも差がありましたよね。光学手ブレ補正対応していたのはPlusだけでした。そういう意味では、Maxのみ一部機能が利用できる、というのはあながちありえない話ではないのです。

  4. 通りすがりの読者

    iPhone11持ってないから記憶が薄いですがもしかしてカメラのとこの●増えました??
    蓮コラ苦手なひとはより怖くなったのでは…。

  5. 通りすがりの読者

    次って12なんですかね?
    7→8(実質7s)以外、ずっとSシリーズ続いているんで次は11sだと思ってるんですが

    1. g.O.R.i

      もうiPhoneは定まったネーミング規則がなくなりつつあるので、正直次に何がくるのかは分からないですが、iPhone 11sはでないと否定する噂もありましたね!まあ出るまで正式名称はわかりませんね!

      1. 通りすがりの読者

        7sがなく8と10周年でXになってその次はXs、XRで次は11ですもんね
        iPadみたいにiPhone (2020)とかになったりして

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索